--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.12.06(Thu)

HONDA RA271 

F1 Germany GP in 1964/HONDA RA271
HONDA RA271
スポンサーサイト
EDIT  |  15:30 |  スポーツ .............  | Top↑
2010.11.11(Thu)

エカテリーナ・ガモワ 

 
 エカテリーナ・ガモワ Ekaterina Gamova。1980年10月17日 生まれ。ロシア・チェリャビンスク出身のバレーボール選手。身長2m02cm。
 画像リンク
Ekaterina Gamova pictures Olympic Girls
Ekaterina Gamova Pictures
Gallery: Ekaterina Gamova
 関連リンク
TBS 2010 世界バレー
2010 FIVB 世界バレー 全104試合動画無料配信

テーマ : 雑記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  18:36 |  スポーツ .............  | Top↑
2008.08.31(Sun)

錦織圭の快進撃 


 USオープンテニス 男子シングルス3回戦 (ハードコート)
* 1set 2set 3set 4set 5set Result *
D・フェレール *
錦 織 圭

 Newsを見てねむけが吹っ飛びました。錦織圭が3回戦で第4シードのダビッド・フェレール(スペイン)をフルセットのすえ退けベスト16入り。すごい!!

 スポーツ大陸で彼の特集(窮地の向こうに世界を見据えて~テニス 錦織 圭~)をみましたが、ウィンブルドンの前哨戦の大会で彼と対戦した天才ラファエル・ナダル(1位・スペイン)が、こんなことを言っていたんです。

「錦織はいずれトップ5に入ってくるよ。それもやすやすとね」

 これ絶賛と同じです。

 試合はナダルが勝利(ただし1セットは錦織が奪取)したのですが、その対戦のあと初参戦したグランドスラム・ウィンブルドンでは、国際的にも注目されながら完治していなかった腹筋のトラブルで、押していた初戦をやむなく途中棄権。先日の北京オリンピックにも出場しましたが、こちらもフィジカル面のトラブルで初戦敗退。

 今年の春以降、かれはまだ万全の状態で試合をしたことがないんですよね。おそらくそのへんの課題が、今大会ではかなり解消されているんじゃないでしょうか。ナダルがベタぼめしたことからも推察できるように、そうとうな器(うつわ)・逸材であることは間違いありませんね。


  錦織、4回戦進出の快挙 全米テニスで71年ぶり
  USオープンドロー表 男子シングルス テニス365.net
  The US Open 2008 -Grand Slam Tennis- Official Site by IBM

記事バックナンバー = 天童ナダル ウィンブルドン初制覇


 USオープンテニス 男子シングルス4回戦
* 1set 2set 3set Result *
デルポトロ
錦 織 圭 *

 ベスト8をかけた錦織圭(18歳)の4回戦でしたが、こちらも赤マル急上昇の第17シード フアンマルティン・デルポトロ(19歳・アルゼンチン)にセットカウント0-3で敗れてしまいました。残念ではありますがツアーは続きますので、引きつづき今後の対戦に要注目といったところです。(次戦は有明コロシアムでの大会のようです)

09.02
EDIT  |  13:25 |  スポーツ .............  | Top↑
2008.08.09(Sat)

北京競泳 



 日本の競泳陣については誰もが知るところなので、海外有力選手の思いつくところをおおまかに挙げておくと、8冠に挑む怪物マイケル・フェルプス(♂ アメリカ)、長距離自由形の王者グラント・ハケット(♂ オーストラリア)、同じく自由形のパク・テファン(♂ 韓国)、開会式で旗手をつとめた女子個人メドレーの女王ヤナ・クロチコワ(♀ ウクライナ)、同じくカースティ・コベントリー(♀ ジンバブエ)、平泳ぎの世界記録保持者リーゼル・ジョーンズ(♀ オーストラリア)、背泳ぎのナタリー・コグリン(♀ アメリカ)など。

 活躍の目立ったアテネと比べてどういった結果になるのか、予測するのは少々むずかしいですが、現時点での皮算用を念頭に日本競泳陣のメダル表を作っておきます。

* 個数 選手 種目
 北島康介
 北島康介
 100m平泳ぎ 58秒91 世界新
 200m平泳ぎ 2分07秒64 五輪新
 松田丈志
 中村礼子
 宮下 北島 藤井 佐藤
 200mバタフライ 1分52秒97 日本新
 200m平泳ぎ 2分07秒13 日本新
 400mメドレーリレー 3分31秒18 日本新


  NHK 北京オリンピックオンライン
  北京オリンピックオフィシャルサイト
  gorin_jp 民放TV北京オリンピック公式動画


 ●男子 400mメドレーリレー 決勝
1位 ピアソル ハンセン フェルプス レザク(アメリカ)  3分29秒34 世界新
2位 ストッケル リカード ローターステイン サリバン(オーストラリア)
3位 宮下純一 北島康介 藤井拓郎 佐藤久佳(日本) 3分31秒18 日本新

 第1泳者の宮下が差のない3番手で第2泳者の北島につなぐ展開。北島が先頭のハンセンをとらえトップに立つと、第3泳者の藤井もフェルプス相手に力泳。アンカーの佐藤も3番手を守る泳ぎでゴール。1位のアメリカともそれほど差のない結果は、あらためて、日本の競泳が世界のスタンダード水準にあることを裏書きするもので、今後もたいへんたのしみです。(フェルプスはこれで史上初の8冠。うち7つが世界新)


  北京オリンピック Yahooスポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.17


 ●女子 200m背泳ぎ 決勝
1位 カースティ・コベントリー (ジンバブエ)  2分05秒24 世界新
2位 マーガレット・ホルザー(アメリカ)
3位 中村礼子(日本)

 最初の50mは中村が積極的にひっぱる展開。中盤の100mは先行グループの4番手あたりでじっと我慢。最後のターンのあと単独3番手にあがり、そのまま力強い泳ぎでゴール。優勝は、直前に日本で合宿を張り、地元の関係者から浴衣(ゆかた)をプレゼントされ大喜びしていたコベントリー。

 ●男子 100mバタフライ 決勝
1位 マイケル・フェルプス (アメリカ)  50秒58 五輪新
2位 ミロラド・カビッチ(セルビア) 50秒59
3位 アンドルー・ローターステイン(オーストラリア)

 100分の1秒差でフェルプスが優勝。これでミュンヘン大会のマーク・スピッツに並ぶ7冠を達成。日本の藤井拓郎は6着。


  北京オリンピック Yahooスポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.16


 ●男子 200m個人メドレー 決勝
1位 マイケル・フェルプス (アメリカ)  1分54秒23 世界新
2位 チェー・ラースロ(ハンガリー)
3位 ライアン・ロクテ(アメリカ)

 スタートから先頭を泳いだフェルプスが世界新のタイムで6個目の金。

 ●男子 200m背泳ぎ 決勝
1位 ライアン・ロクテ (アメリカ)  1分53秒94 世界新
2位 アーロン・ピアソル(アメリカ)
3位 アルカディ・ビャチャニン(ロシア)

 背泳ぎの第一人者ピアソル敗れる。入江陵介は後半伸びず5着。

 ●女子 200m平泳ぎ 決勝
1位 レベッカ・ソニ (アメリカ)  2分20秒22 世界新
2位 リーゼル・ジョーンズ(オーストラリア)
3位 Sara・ノルデンスタム(ノルウェー)

 100mの1位2位の順位が入れ替わり、2005年からながくトップの座にいたリーゼル・ジョーズ敗れる。そろそろ世代交代かな。……金籐理絵7着、種田 恵8着。


  北京オリンピック Yahooスポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.15


 ●男子200m平泳ぎ 決勝
1位 北島康介 (日本)  2分07秒64 五輪新
2位 ブレントン・リカード(オーストラリア)
3位 ユーグ・デュボス(フランス)

 4コース北島は、スタートから終始リードする展開。脅かすような存在が見当たらないレースだったこともあり、もうひとつ爆発力がなく、みずから作った世界新のタイムにわずかに及ばず記録の更新はならず。この点は本人も残念そうでした。しかし、アテネ・北京と100m200mともに連覇する快挙です。


  北京オリンピック Yahooスポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.14


 ●男子200mバタフライ 決勝
1位 マイケル・フェルプス (アメリカ)  1分52秒03 世界新
2位 チェー・ラースロ(ハンガリー)
3位 松田丈志(日本)

 フェルプスのとなり5コースが松田丈志。他の選手がフェルプスの速さを意識してやや飛ばす展開のなか、スキンヘッドのクールガイ松田丈志は終始自分のペースを守り、差のない4~5番手の位置で最後のターン。じょじょに加速し、残り25mあたりで単独3番手にあがり、2番手の選手に迫ったところでゴール。タイムは準決勝でマークした記録をさらに1秒以上縮める1分52秒97の日本新記録。「これが今の自分色のメダルです」-松田丈志。


  北京オリンピック Yahooスポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.13


 [スイムオフ]

 女子200m個人メドレー準決勝に臨んだ北川麻美は、決勝進出の8番目のタイムでハンガリーの選手と並んだため、スイムオフ(マッチレース)を行ない先着。決勝進出を決めました。 スキンヘッドのクールガイ松田丈志はM・フェルプスに次ぐ2番目のタイムで200mバタフライ決勝へ。また午前中に決勝が行われた女子100m背泳ぎでは、中村礼子6着、伊藤華英8着。優勝はナタリー・コグリン(アメリカ)、2着カースティ・コベントリー(ジンバブエ)。

 ●女子100m平泳ぎ 決勝
1位 リーゼル・ジョーンズ (オーストラリア)  01分05秒17 五輪新
2位 レベッカ・ソニ (アメリカ)
3位 ミルナ・ユキッチ(オーストリア)


  北京オリンピック 日刊スポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.12


 ●男子100m平泳ぎ 決勝
 1位 北島康介(日本) 58秒91 世界新
 2位 ダーレオーエン(ノルウェー)
 3位 ユーグ・デュボスク(フランス)

 スタートから落ち着いたトップ争いの位置取りで50mの折り返し。水面に浮上したところでオーエンに並び、するどく加速して頭ひとつ抜けだすと、世界新を示す緑のラインとたたかいながら、そのまま1着でゴール。完璧なレース運びで、アテネにつづき2連覇を達成。やっぱり北島つよかった

 レース直後のインタビューでは、マイクを向けられたまましばらく声をつまらせました。アテネで2冠に輝いたあと、故障もあって調子を崩し、翌年(2005)カナダのモントリオールで開催された世界水泳から、昨年(2007)のオーストラリア・メルボルンで開催された世界水泳まで、ながく苦しい、そして屈辱的な日々が続きました。

 おそらく彼の脳裏には、そんな日々のいろんな思いや映像も去来したのでしょう。 ……よくここまで復活したものだと、その驚異的な心身の強さにもためいきがでます。


  北京オリンピック 日刊スポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.11


 ●男子400m個人メドレー 決勝
 1位 マイケル・フェルプス(アメリカ)04分03秒84 世界新
 2位 ラースロー・シェー(ハンガリー)
 3位 ライアン・ロクテ(アメリカ)

 ●男子400m自由形 決勝
 1位 パク・テファン(韓国) 03分41秒86
 2位 張  琳(中国)
 3位 ラーセン・ジェンセン(アメリカ)

 ●女子400m個人メドレー 決勝
 1位 ステファニー・ライス(オーストラリア)  04分29秒45 世界新
 2位 カースティ・コベントリー(ジンバブエ)
 3位 ケイティー・ホフ(アメリカ)

 午前中に決勝という北京開催ならではの変則プログラムながら、家族のほかに大統領夫妻も観戦するなか、みずからのレコードを1秒も更新する驚異的な世界新のタイムで優勝したマイケル・フェルプス。表彰式の国歌演奏では、最後のサビのところで突然音が切れてしまい、本人もずっこけて笑っていましたが、これもまた北京大会ならではのアクシデント……。

 400m自由形決勝はアジア勢のワンツー。優勝したパク・テファンはまだ19歳。日本にもきたことのある気鋭のスイマーです。観戦していたお母さんが、スタンドで号泣していました。

 女子400m個人メドレーで2位に入ったコベントリーはアテネ200m背泳ぎの金メダリストで、コンスタントにトップクラスで活躍を続けている実力派の選手。直前に日本で最終調整をして北京入り。そのさい地元の関係者から浴衣(ゆかた)をプレゼントされ、大喜びしていました。背泳ぎでは日本勢も要注意のひとりです。

08.10
EDIT  |  21:45 |  スポーツ .............  | Top↑
2008.07.07(Mon)

天童ナダル初制覇 

  ウィンブルドン 男子決勝
* 1set 2set 3set 4set 5set Result *
R・フェデラー *
R・ナ ダ ル

 [ 雲上人うんじょうびとだった天才2人の激闘 ]

 雲の上で試合が行われているような超ハイレベルの試合でした。ともに「ありえないプレー」の連続で、1ゲーム1ゲームが息を呑むばかり。ナダルの徹底したバック狙いの戦略。とても届かないほどきびしいボールでも、追って追って食らいついてゆくファイト。そして、それをポイントにつなげる恐るべきテクニック!

 コイントスで先攻を選んだフェデラーのサービスでスタートした第1セットの立ち上がり。互いにサービスをキープしての1-1のあと、フェデラーのサービスをブレイクしたナダル。その後4-5とリードされて相手サービスをブレイクバックできなかったフェデラー。第2セットもタフな攻防がつづく。しかし第1セットの再現のような展開で、いきなり王者フェデラーの2セットダウン。あとがないフェデラーが第3・第4セットをものにするものの、勝利の女神は“傾向と対策”をみっちりやってきたナダルに微笑み、ファイナルセット9-7でナダル念願のウィンブルドン初優勝。

 先月、全仏オープン4連覇をやってのけ、ビヨン・ボルグの記録に並んだナダル。その足でウィンブルドンもぶっこ抜き、同じ年に異なるサーフェス(クレーコートとグラスコート)を制するという、これまた1980年のボルグ以来となる難関の記録を樹立しました。

 努力にまさる天才なしの格言を踏まえるなら、天才(ナダル)がさらに努力を重ね研鑽(けんさん)を積むのだから、相手がいかに天才(フェデラー)でも最終的には結果に表われる、といったところでしょうか。フェデラーとしてはボルグを抜き、122年ぶりとなる史上2人目の6連覇をめざしたわけですが、それを逃しました。

 ちなみに、雨による約35分の試合開始の遅れと、第3セット5-4時点での約1時間15分の中断は、勝敗のゆくえにはほとんど影響しなかったと思います。

 ● ロジャー・フェデラー / スイス 26歳 ランキング1位 オフィシャルサイト
 ● ラファエル・ナダル / スペイン 22歳 ランキング2位 オフィシャルサイト


  Wimbledon ウィンブルドン2008特集|tennis 365.net
  The Championships, Wimbledon 2008 - Official Site by IBM

 [ ニュース ~小惑星ナダル誕生 ]

 ロイター(2008.07.15)の伝えたところによると、5連覇中の王者フェデラーを破ってウィンブルドン初優勝を飾ったナダルの功績をたたえ、ナダルの出身地であるスペインのマヨルカ島にある天文台が、5年前に発見された(地球から見ると)火星と木星の間にある小惑星への命名を正式に申請し、国際天文学連合(IAU)がこれを承認、小惑星「ナダル」が誕生したとのこと。

 直径4キロのこの小惑星は秒速20キロで移動しており、ナダル本人もマヨルカ島の天文台を訪れ、自分の名前がついた小惑星を確認したということです。ナダルの名は、宇宙にまで轟(とどろ)いたわけですね。星の名にしようという地元天文台の発想もすばらしい。

 ちなみにマヨルカ島は、20世紀を代表する画家のひとりでもあるジョアン・ミロ(スペイン)がアトリエを構え、終(つい)の棲家となったところでもあります。

EDIT  |  18:47 |  スポーツ .............  | Top↑
2008.05.02(Fri)

BS「女王を倒したライジングショット~ テニス伊達公子~」 

 2人の女王マルチナ・ナブラチロワ、シュテフィ・グラフとラケットを交えた今年3月のドリームマッチのあと現役復帰を表明した伊達公子。開催中の「カンガルーカップ国際女子オープンテニス2008」に予選から参戦して勝ち上がり、本戦でも勝ち星を重ね4強入りを果たしたところです。
 
 現役を退いていたとはいえ、テニスから離れることなく生活してきたわけですし、昨年7月、上述のドリームマッチ開催が決定したときに「グラフと対戦できるなら本格的に練習を始めないと……」とコメントしているように、たんなるエキシビションゲームとしてではなく、彼女じしんは本戦、つまり実践に近い位置づけで意識していたんだと思う。本格的な練習を始めるということの意味は、現役時代のような実践(本番)に向けてトレーニングを開始する、ということだったのではないかと思います。

 実際、ドリームマッチの模様を収めたTBSの映像を見ると、「エキシビションモードのグラフとバトル(対戦)モードの伊達」といった印象で、ゲーム後半、グラフが少々故障を発症(肩か腕の違和感)したのも、前のナブラチロワとのゲームでカンバり過ぎたせいばかりではなく、「実践的なゲーム」を想定していなかったため事前の準備が十分ではなかったことにも由来しているのではないか、というふうに見てとれました。いっぽうの伊達選手のほうは、ヤル気まんまんの実践態勢。したがってもうこの時点で、現役復帰の準備はほぼ整っていたと見ていいのかもしれません。

 若い世代の女子プロテニスプレーヤーたちは、世界ランキング4位にまでのぼり詰めた伊達公子の現役時代を知らない人が多いようですけれども、とにかく彼女の存在とプレーには「華(はな)」がありましたよ。対戦相手がグラフであれサンチェスであれセレスであれね。もし彼女の存在がなければ、ぼくがテニスに興味を持つ機会は、1980年前後のつかの間の時代で終わっていただろうと思います。

 テニスに興味を持つキッカケになったのは、哲学者のように寡黙なプレースタイルでファンを魅了し、かずかずの偉大な記録を作りあげたビヨン・ボルグ(スウェーデン)の存在でした。悪童ぶりをコート上でも発揮するジョン・マッケンローと、めったに感情を表にださず黙々とプレーするビヨン・ボルグ。じつに対照的な2人でしたが、(2人とも)その強烈な個性が生み出す魅力もまたハンパではありませんでした。相反するような2つの個性なのに、「どちらも好きだ」というファンは多かっただろうと思います。

 ボルグの引退後は、マッケンローを筆頭に同世代のジミー・コナーズや新鋭イワン・レンドルらがテニス界を牽引。ほどなくして新人類風に登場してきたのが、ブンブン丸の異名をとった当時17か18だった超ビッグサーバーのボリス・ベッカー。そしてこのベッカーとほぼ同世代で、同じドイツ(当時は西ドイツ)から現れたのが女子のシュテフィ・グラフでした。しかしこの時期あたりを境に、私的都合なども重なり、テニスの中継を見る機会じたいがなくなっていきました。そんなわけで80年代後半から90年代前半にかけて寵児のように活躍したステファン・エドバーグ全盛時代のテニス界の様子をほとんど把握していないんですね。そんななか、1人の日本人プレーヤーの活躍が、ふたたびテニスへの興味を呼び覚ましてくれました。そのプレーヤーが当時20代の伊達公子だったわけです。

 彼女の武器はなんといってもライジングショット。返ってきたボールがバウンドする「上がりざま」を打ち返すショットのことで、相手の動きよりも先に、狙いすましたコースへ「いち早く打ち返せる」という大きな強みがあります。そのライジングショットをテーマにした番組が下記の日程で放映されます。復帰したとなれば、ジュスティーヌ・エナン(1位)やシャラポワ(3位)との対戦も見てみたい気がしますけれども、今回の特集番組は、そんな彼女の今後のプレーを観戦する上での前提になるもの、といえるかもしれません。(貼付した写真は息を呑んだ1996年ウィンブルドン準決勝2ndセット第8ゲーム)

  【 番組案内 】
  NHK スポーツ大陸/女王を倒したライジングショット~テニス 伊達公子~
  BS1 5月 3日(土) 午後 11時10分~
  BShi 5月 5日(月) 午後 06時00分~

  番 組 女王を倒したライジングショット ~テニス 伊達公子~
  ブログ 伊達公子オフィシャルブログ ~Always Smile~
   file  女子テニス名勝負~伊達公子 v.s シュテフィ・グラフ~

 復帰戦のカンガルーカップ決勝は、タナスガーン(86位)との一戦のようですね。

    岐阜県テニス協会-カンガルーカップ-
    tennis365.net  ニューストップ



  [速報] 伊達公子 敗れる

 クルム伊達公子(日本) 6-4 5-7 2-6 タマリネ・タナスガーン(タイ)

 スコアを見るかぎり第2セットがヤマだったようですね。タイブレークに持ち込めなかったということは、つまり自分のサービスをダウンしているわけですが、やはり予選3戦を連日たたかって、休む間もなく本戦も決勝まで連日の試合、ダブルスも同時進行で決勝まできましたので、疲労がピークだったことも1つ敗因としてあるでしょう。

 タナスガーンはグランドスラム(4大大会)でもよく見かける選手ですし、伊達公子じしん中継の解説席で彼女の試合を見ながらコメントしていた選手でもあり、……そのタナスガーンをモノサシにすれば、かなり上々の12年ぶりの復帰戦といっていいだろうと思います。

    伊達の相手は元世界ランク19位 -Sponichi Annex ニュース

 個人的には優勝で復帰戦に花を添えてあげたい気持ちでしたが、勝負の世界のことですのでこればっかりは……ね。 優勝したタナスガーン選手には心からおめでとうの拍手を送るとともに、これからの国際大会でもおおいに活躍してほしいと思います。そして今大会で伊達公子に敗れた中村藍子選手はじめ他の日本人プレーヤーのみなさんにも、大きな声でエールを送りたいと思います。



  [続報] ダブルス 伊達公子 奈良くるみペア優勝

 シングルス決勝のあと行われたダブルス決勝は、伊達公子・奈良くるみ組が、ニコル・タイセン(オランダ)、メラニー・サウス(英国)組を、6-1、6-7、10-7(10点先取のスーパータイブレーク)のセットカウント「2-1」で破り優勝。これで復帰戦に花を添えることができました。


続報を含む伊達公子選手の詳細についてはコチラのファイルをご覧ください


テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:10 |  スポーツ .............  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。