--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.08.01(Fri)

原始の星 

 
 宇宙のスケールの大きさからすればけなげな存在にすぎない人類の英知と探究心。そのけなげさの結晶ともいえる成果が、このほど発表されました。(補記:2000年前後までは約150億年前とされていた宇宙誕生の大爆発ビッグバン。日進月歩で研究のすすむ宇宙科学の世界。今ではそれが137億年前という数字に更新されています。)

 プレスリリースによると、国立天文台、名古屋大学、ハーバード大学などの共同研究チームが、約137億年前の宇宙誕生直後にあった物質のわずかなムラから、太陽質量の100分の1程度の「原始星」が生まれる様子を、コンピューターシミュレーションで再現することに成功。その論文が1日付のアメリカ科学誌サイエンスに掲載されたとのことです。

 暗黒物質の重力に引き寄せられたガスが雲状に集まって、約3億年後、雲の中心に水素とヘリウムからなり、核融合で光を放つ星が生まれた。 最初は太陽の100分の1の質量だが、周囲のガスを吸い数万年で太陽の100倍に成長した。銀河系の大きさと同じ10万光年の範囲に数十個の星ができた。

 こうしたシミュレーションはこれまでもアメリカなどで試みられていたものの、複雑な反応が計算できず星の形成に迫れなかったそうです。

 望遠鏡による実際の観測では、国立天文台のすばるで発見された約129億年前(ビッグバンから8億年後)の銀河が最も初期の天体で、それ以前のもの(宇宙の一番星)は見いだされていないわけですが、それだけに、こうした目に見えるかたちで「それ以前の宇宙」を知る機会を作ったという意味は、たいへん大きいと思います。

  最初の星 誕生解明 ビッグバンから『3億年後』
  “宇宙の一番星”再現 名古屋大助教らが形成過程明らかに
  「宇宙最初の星」こう生まれた=精密なシミュレーションで再現
スポンサーサイト
EDIT  |  15:30 |  サイエンス ..........  | Top↑
2008.04.29(Tue)

銀河同士の衝突映像公開~ハッブル宇宙望遠鏡~ 


 ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げ18周年を記念して、このほど宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)が銀河衝突の様子を撮影した59枚の写真を公開。

 こうした銀河同士の衝突は「10億年以上もの時間をかけて起こる」というあまりにスケールの大きな話なので、実感を抱きにくいのも事実ですが、衝突時のエネルギーを想像すると卒倒しそうです。

 ● ハッブル宇宙望遠鏡……天文学者エドウィン・ハッブルにちなんで命名された地上約600km上空の軌道上を周回する宇宙望遠鏡(長さ13.1メートル、重さ11トンの筒型)。

 ● エドウィン・ハッブル……アインシュタインの宇宙論(=膨張する宇宙と後退速度)を、すぐれた観測と解析によって実証した偉大な科学者。 (エドウィン・ハッブル wiki)


  銀河衝突:ハッブル宇宙望遠鏡が59枚の写真を公開

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  20:50 |  サイエンス ..........  | Top↑
2008.03.27(Thu)

「紙ヒコーキは宇宙から帰還できるのか」 -実験が宇宙で実現する 

 1月18日付のこのブログでもご紹介した「宇宙から紙ヒコーキを飛ばしたら無事地球に帰還できるのか?」という実験が、今度は地上ではなく実際に宇宙から行える、というニュースです。 記事によると、

 「宇宙航空研究開発機構は26日、東京大などが計画している国際宇宙ステーション(ISS)からの紙飛行機帰還実験に参加することを文科省宇宙開発委員会に報告した。」  とのこと。

 先日スペースシャトル・エンデバー号で国際宇宙ステーションに乗り込んだ土井隆雄さんが日本の実験棟「きぼう」を設置したことで、宇宙空間から紙ヒコーキを飛ばす実験が一気に現実味をおびてきました。

 帰還実験は、地上での実験で想定されたものと同様、高温に耐える特殊な紙をスペースシャトルの形に折り、地球を周回している国際宇宙ステーションから、進行方向と逆向きに打ち出し、大気圏突入後も燃え尽きることなく地上に戻ることができるかを調べる、というもの。

 宇宙航空研究開発機構は、「宇宙開発の啓発教材や耐熱性新素材の開発」という点で注目し、企業や大学と協力して新しいビジネスの創造をめざす「公募事業の1つとして実験を採用した」そうで、今後、実験が実現可能か国際宇宙ステーションの参加国などと調整を進め、具体的な計画策定プランを練り上げていくようです。

 実験に協力した日本折り紙ヒコーキ協会さんにとっても嬉しいニュースでしょう。 いやあそれにしても、紙(ヒコーキ)を宇宙空間に飛ばすという着想は、何度思い返してもすばらしい!

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:45 |  サイエンス ..........  | Top↑
2008.03.26(Wed)

「日本天文学会創立100周年」の記念切手 

  明治41(1908)年1月に創立された日本天文学会の100周年を記念して3月21日に発行された特殊切手。
 1 太陽と太陽系の天体I
 2 太陽と太陽系の天体II
 3 系外銀河
 4 X線天文衛星「すざく」
 5 小惑星探査機「はやぶさ」
 6 小惑星と地球
 7 国立天文台「すばる望遠鏡」
 8 銀河系と様々な天体
 9 火星
 10 国立天文台「野辺山45m電波望遠鏡」

 1シート10枚。
 発行枚数 1300万枚 (130万シート) 。
EDIT  |  00:35 |  サイエンス ..........  | Top↑
2008.01.18(Fri)

紙ヒコーキは宇宙から帰還できるのか …東大で実験 

 東京大学と日本折り紙ヒコーキ協会は、紙ヒコーキが宇宙から地球に降りて来られるのかどうか、大気圏突入時の高速高温に耐えられるのかどうかを検証するため、東大柏キャンパス(千葉県柏市)で実験を実施。

 高温に耐える特殊な紙をスペースシャトルの形に折り、表面にガラス加工を施して耐熱性を高めた紙ヒコーキは、全長7cm、幅5cmの手のひらサイズ。同キャンパスの風洞装置でマッハ7の高速気流を作って紙ヒコーキにあてたところ、10秒間耐えることが確認され、最大で約300℃に達したものの、燃えたり損傷することはなかったということです。

 実験に当たった鈴木真二教授(航空宇宙工学)によると、

「実際の飛行では高度約400kmの国際宇宙ステーションからマッハ20で放出されるが、大気圏突入直後(高度約80km)には、実験条件と同じマッハ7程度に減速される。もし国際宇宙ステーションから進行方向と逆向きに打ち出せば、地球を何周もした後に、大気が濃くなってくる高度150km付近から鳥の羽が舞うように滑空し、燃え尽きることなく地球に戻れるはずだ」

 とのことで、

 「(実験成功で)自信がついた。年内にも宇宙ステーションで作業を始める予定の若田光一飛行士に持っていってもらいたい。紙飛行機の技術は、新しい輸送船の開発などにも応用できる」

 と話しているそうです。
 いやあ、この着想がすばらしいですよね。紙だもんね。


  東大が「紙飛行機」実験…宇宙から無事帰還できるか
  <紙飛行機>宇宙から地球帰還を検証 東大・風洞装置で
  マッハ7に耐える紙飛行機 // おりがみひこーきのHP

 ニュースは記事が消滅していますが、実験内容は「おりがみひこーきのHP」でも確認できます。
 続報記事…「紙ヒコーキは宇宙から帰還できるのか」-実験が宇宙で実現する

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  02:02 |  サイエンス ..........  | Top↑
2008.01.17(Thu)

水星の接近撮影に成功 クレーターも鮮明に 

 NASA(アメリカ航空宇宙局)の探査機メッセンジャーが、水星に200kmの距離まで接近し、地表面を撮影することに成功。このうち約5800kmの距離で撮影した写真が公開されました。

 地殻変動で形成されたとみられる斜面やクレーターなどが鮮明にとらえられています。

 NASAの水星探査機は、1974~75年に最短327kmまで近づいたマリナー10号に次いで2機目。太陽系第1惑星である水星は太陽に最も近いため、探査機を送るのも難しかった星なので、今後の解明が期待されるところです。

 [水星データ]
 直径 …… 4880km (地球の約2/5)
 表面温度 …… 昼間= 400℃以上
 表面温度 …… 夜間= -160℃以下
 太陽-水星の平均距離 …… 約5791万㎞。

 > 太陽-地球の平均距離が約1億4960万kmなので、
 > 水星-地球の距離は 1憶4960万km-5791万km = 約9169万km。

  水星の地形・クレーターくっきり、米探査機撮影の写真公開
  NASA - HomeMESSENGER Web Site
  水星探査 SPACE INFORMATION CENTER

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  16:20 |  サイエンス ..........  | Top↑
2008.01.03(Thu)

ダーウィン展 ~「進化」をめぐる知的冒険の旅  

 世界でもっとも知られる人物のひとりチャールズ・ダーウィンの偉大な業績に迫る展覧会。

 19世紀半ば、著書「種の起源」とともに進化論を唱え、それまでの人類の認識を一変させたダーウィン。展覧会では、進化論のヒントを得た南米のガラパゴス諸島を再現。ダーウィンが出会ったであろうイグアナやゾウガメなどの動植物の標本や模型が展示されるほか、軍艦「ビーグル号」の模型、ダーウィンがビーグル号に乗船できることになった経緯を示す手紙、旅先で書いた直筆の手紙・ノートの複製、航海日誌、身の回りの品々なども展示されるようです。

 なお今回の展覧会は、2005年から2006年にかけてアメリカ自然史博物館(ニューヨーク)で開催され好評を博したのち、ブラジル・サンパウロ、ニュージーランドを巡って、日本で開催されるものです。


  会 期 2008年3月18日(火)~6月22日(日)
  会 場 国立科学博物館



 補記)
 ダーウィンの進化論には、おもに宗教的見地から異論を唱える人たちもおり、万全の理論といういうわけにはいかない面も、一部あります。日本では生態観察をもとにした 京都大学の今西錦司教授が唱えたアンチ進化論 があります。とはいえ、ダーウィンの着想が偉大であることには、なんら変わりはありません。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  13:31 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.23(Sun)

1月 小惑星が火星に衝突する可能性 確率は75分の1 

 NASAの発表によると、11月に発見され地球に接近してくる小惑星の「監視リスト」に載せられていた直径50mほどの「2007WD5」という名の小惑星が、火星に衝突する可能性がある、というニュース。 
 地球に衝突する可能性はなくなったようですが、アメリカ東部時間で来年の1月30日AM6時(日本時間同pm8時)の時間帯に、火星から約5万km以内を通過する見込みで、75分の1の確率で衝突する可能性があるとのこと。

 現在、地球と火星の間を飛んでいる小惑星は、約時速45000kmで火星に接近しており、衝突すれば「直径1km程度のクレーター」ができる可能性があるらしい。 直径50mほどの小惑星でも、衝突時のエネルギーはメガトン級。このような規模の小惑星が火星に衝突することは、1000年に1度くらいの頻度で起っているようです。 なおもし衝突が起こった場合、NASAでは火星を周回中の探査機マーズ・リコネサンスなどでクレーターを観測する予定だということです。

   小惑星、火星に衝突か 確率75分の1 NASA発表
   火星に小惑星衝突の可能性、来年1月30日…NASA発表
   来年1月に小惑星が火星に衝突か、確率「七十五分の一」と

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  02:32 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.20(Thu)

UFOは存在する? 閣僚の目はかく語りき 

 民主党議員の提出した「UFO目撃情報が後を絶たず、確認作業は政府の喫緊の課題だ」という質問主意書に対して、政府は「これまで存在を確認していない」との答弁書をだしました。 UFOにかんする答弁を公式に聞いたのは、たぶん生まれて初めてじゃないかなぁ。

 でもこういう話題も、たまにはあっていいよね。実際、太陽系の惑星や衛星に水の痕跡や存在が確認されたりしている昨今、生物がいてもおかしくないとする推論をたてる根拠があるわけだから、UFOだって単純にSFネタと切り捨てるわけにもいかない現実味を含んでいるともいえるわけだしね。

 だからこの話題をめぐり記者席から質問が飛んださい、「個人的には絶対いると思ってます。ナスカの地上絵とか、いろんなところで説明できないことがあるから」と町村官房長官が笑いを交えつつ話したのも頷けるし、(おそらく担当相である)石破防衛相がゴジラやUFOについて現実的な想定を披露してみせたのもそう。 なんといっても、ふだんは煮ても焼いても食えないような政治家さんの目が、少年のような輝きを見せたのがいいね。

 こうゆう話題なので、れいによってTV局のインタビュー取材に応じたたま出版の韮澤編集長が、いくぶん自慢げに「わたしなんか毎日みてますよ」と答えていたのが、いつになくおかしかったなあ。

 …… ちなみに、質問主意書を提出した民主党議員も、町村さんも、石破さんも、自身ではUFOを見たことはないとおっしゃっていましたが、ぼくじしんは過去に1度だけUFOを見たことがあるんですよ。 上空を複数の光の玉が派手に動くやつ。 興味のあるかたは、下記ファイルをご覧になってみてください。(実話)

  ゴジラやUFOで自衛隊が出動する法的根拠? 石破防衛相が考える
  UFOめぐって閣内不一致?町村官房長官「絶対いる」
  file ≡ UFO 目撃体験 ≡

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  21:51 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.15(Sat)

ニコニコ動画の月間利用時間は動画サイト中トップ 

 マーケティング企業のネットレイティングス は、12月14日、「10月の家庭からの動画サイト利用に関する調査」で、世界の動画サイトについて国内ユーザー1人当たりの月間利用時間や利用回数、月間ユニークユーザー数などを調べた結果を発表。

 それによると、利用時間が最も長かったのは、ニコニコ動画の2時間50分10秒。2位がYouTubeの1時間6分53秒。3位が韓国のPandora.TVで29分33秒。 また、1人当たりの利用回数が最も多いのもニコニコ動画で8.09回。2位はYouTubeの5.43回、3位がアメリカのveohで3.55回。

 なお、ユニークユーザーが最も多いのは、YouTubeで1455万1000。2位がニコニコ動画の386万。3位がフランスのDailymotionで132万8000。このほかトップ10には、veoh(6位)、Pandora.TV(8位)、LiveVideo(10位)など海外サイトがランクイン。

 それにしても、これほど急速に一般ユーザーのグローバルな動画サイト利用がすすんでいるとは、……。こうした動向実態の把握・認識については、たぶん(国内)メディアのほうが遅れていて、まだよく知らないとおもう。

   ▽ ITmedia News(チャート・各リンクなど添付)
   「ニコ動」利用時間、「2ちゃんねる」の3倍以上
   「ニコ動」平均利用時間、Yahoo!やmixiを上回る IDは300万突破

テーマ : ITニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  21:03 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.11(Tue)

ASIMO 「接客もできるようになりました」 

 アシモが自分で状況を判断して行動するだけではなく、複数のアシモ同士で作業を分担することも可能になったそうですよ。 たとえば、来客があると出迎えて案内し、注文された飲み物をトレーやワゴンで運んだり、相手の動きに応じて道を譲ったり、そんなことも自分で判断してできるようになったそうです。
 将来的には医療・介護などの用途も模索していく、というホンダ。 アシモ開発の前段階だったP1、P2、P3、いわゆる「Pシリーズ」から注視してきただけに、「ここまできたんだなあ」と、個人的にも感慨深いものがあります。 ちなみに、ホンダ陣営によると、「アシモは開発の初期段階から手塚治虫の鉄腕アトムを想定していた」ということです。

  ASIMO OFFICIAL SITE

    接客もできます 新型アシモ公開(ニュース)
    協力して接客できます ホンダのアシモ(同)
    ホンダ「ASIMO」3体による給仕チーム結成(同)

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  21:55 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.08(Sat)

万能細胞~からだのパーツ交換が可能な時代になる !? 

  万能ネギではなく、画期的な万能細胞の研究開発のニュースです。

 人の皮膚細胞から、心臓の筋肉や神経などさまざまな組織へ分化・成長する能力を秘めた「万能細胞」を作りだすことに、京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授らのグループが成功。さらに、課題とされたがん遺伝子を使わずにiPS細胞をつくることにも成功したとのこと。 ( がん遺伝子を使わずに、ということは、これまでは、がん遺伝子を使わないと作れなかった、ということですね )。

 医療の現場で実用化するためにはまだ課題がいくつかあるようですが、多様な病気と切り離せない現代人にとっての福音となってほしいものです。

 幹細胞 …… ある細胞に変化するように指示を受けると特定の細胞に変身する「分化する能力」を持っている細胞のこと。 ⇒幹細胞とは

 ニュース 万能細胞、がん遺伝子使わず成功…京大グループ
 ニュース 患者の幹細胞で大腿骨を再生 京都大で臨床試験へ
 考 え る  FujiSankei Business i_ なるほど講座/皮膚からの万能細胞

 京都大学 ニュースリリース がん遺伝子Mycを用いないiPS細胞誘導に成功

 追記)
 いっぽう名古屋大学では、大学院医学系研究科の上田実教授が乳歯に含まれる「幹細胞」による再生医療に取り組む国内初の「乳歯幹細胞研究バンク」を大学内に設立したと発表。歯や骨などの再生医療への活用に向けた基礎研究を進め、実用化をめざすということです。

 ニュース <乳歯幹細胞>名古屋大がバンク設立 再生医療への活用研究(12.06)

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  02:22 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.07(Fri)

ファイルサイズ10億GB以上に対応するVista SP1 

 Windows 98以降のファイルフォーマットでは、1ファイルあたりの容量制限が4GBだったところを、1ファイルあたり10億7374万1824GBという巨大なファイルサイズでも扱えるようになる、というニュース。ただしこれはマイクロソフト社が企業ユーザーに向け発表した新商品「Windows Vista Service Pack(SP)1」にかんするお話。 提供開始は一部の企業ユーザーが7日からで、正式版は2008年第一四半期後半を予定。

 このSP1はフォーマットの下位互換はないものの、USBメモリやUSB接続のHDD、ハイビジョンカメラ、デジタルカメラなどの外部接続機器向けフォーマットが想定されており、「ハイビジョン映像のような大容量データでも扱いやすくなる点がメリットとなる」ということです。いずれこうした巨大容量&超高速化の波は、一般の個人ユーザーのもとへも押し寄せるんでしょうな。

  詳 細 Windows Vista SP1 RC版を来週公開へ -企業ユーザー向け機能を強化
  用 語 「ファイルシステム」 とは?

テーマ : ITニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  23:36 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.06(Thu)

M81と宇宙科学の基礎知識 

M81 2006年2月に打ち上げられた日本で初めての赤外線天文衛星「あかり」が送ってきた、われわれの住む銀河系からおよそ1200万光年離れた渦巻き銀河M81の赤く美しい画像。銀河系から最も近いアンドロメダ銀河まで約230万光年の時空ですので、その5倍強の距離ということになります。

 渦巻き銀河M81の近・中間赤外線画像-JAXA

[宇宙科学の基礎知識]

 【Mの由来】
 明るい銀河についているM51やM101といったメシエ番号。これはすい星を探すとき、すい星と紛らわしい[星雲]を調べて、シャルル・メシエ(仏)が1781年にカタログを作ったときにつけた番号(M=メシエのM)が始まり。超新星爆発の残骸である[かに星雲]がM1、若い星々から光を受けて輝くガス星雲である[オリオン星雲]がM42、銀河系のお隣りの[アンドロメダ銀河]がM31、といったぐあいです。

 【光の速度】
1849年、光源と反射鏡と回転する歯車を使った実験でアルマン・H・フィゾー(仏)が算出した値は3.13×10m/s。 現在では、この値がより精密に求められ、真空中の光速値 c=2.99792458×10m/s となっています。これはほぼ3×10m/s(≒30億m/s)で覚えやすく、光の速さは秒速約30万kmということになります。 [ フィゾーの実験:FLASH ]

 ● 1 光 年 = 光が1年かかって進む距離のこと。約9兆4600億km。
 ● 天文単位 = 地球と太陽の平均距離。約1億4960万km。 略号AU。

  ⇒ これらをもとに太陽の光が地球に届くまでの時間を計算すると、
  ⇒ 1億4960万km÷30万km ≒500秒 ≒8.3分となります。

 ちなみに太陽から冥王星までの距離は約39.5400AU=約59.3億km。またわれわれの銀河系から最も近いアンドロメダ銀河まで約230万光年の時空があり、宇宙にはこうした銀河が1000億個以上あると言われています。(注=冥王星は2006年に準惑星に降格)

 【銀河のスケール】
 例1 …銀河系 直径=約10万光年。厚さ=約3000光年~1.5万光年。
 例2 …アンドロメダ銀河 直径=約10万光年。厚さ=約1.5万光年。

銀河の分類  私たちの銀河系  アンドロメダ銀河

 ★ 地球が所属する太陽系が含まれている銀河のことを、他の銀河と区別する意味で「銀河系」と呼んでいます。別称=天の川銀河。
 ★ わかりやすい宇宙科学入門の書籍
  > 『宇宙はどこまで見えてきたか』  野本陽代 著(岩波書店) ★おすすめ
  > 『ドキュメント 超新星爆発』   野本陽代 著(岩波書店)
  > 『ニュートンからホーキングへ』  桜井邦朋 著(祥 伝 社)
  > 『地球・宇宙・そして人間』    松井孝典 著(徳間書店)

 ※ 野本陽代(のもとはるよ)さんの本はこのほかにも数冊あり、素人にも分かりやすく、宇宙を学ぶ「基礎篇」として恰好です。

EDIT  |  21:21 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.05(Wed)

H-IIAロケットきずな 打上げ予定日決まる 

 インターネットの超高速化、地域間格差の解消、遠隔医療、遠隔教育、さらにアジア・太平洋地域の国々との超高速通信の実現をめざして開発がすすめられているH-IIAロケット「きずな」の打ち上げ日程が決定。打上げ予定日は 来年(2008)の2月15日(金)。打上げ場所:種子島宇宙センター 大型ロケット発射場 。

テーマ : ITニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  22:05 |  サイエンス ..........  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。