--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12.31(Mon)

東京ガスのCM 「床暖房・静かな暖房」篇  

 妻夫木くんを起用した東京ガスのCMはバージョンが多く、周期的にリニューアルされるので、1本にしぼりずらいシリーズが多いのですが、現在オンエアされている麻生祐未さん共演の床暖房のCMは、ちょっと面白い劇中劇仕立てです。

 和室風の板の間で、麻生祐未さん扮する和服姿の女性をかたわらに、やや緊張ぎみの妻夫木くんが、床暖房の心地よさにふれ「陽だまりのような暖かさだなあ」とかいいながら、何とか会話をつなごうと、ひそかに汗をかいています。

  (タイミングを見計らって)
 妻夫木 「で、家庭教師って、誰の勉強を教えればいいんですかね?」
 麻 生 「わたし。 …… じゃ、いけませんか?」
 妻夫木 「えっ !? あ、」

  一瞬、場の空気が色めき立って ……。
  と、そのとき、素っ頓狂な女性の声でアナウンスが。

 係 員 「以上で、ガスの床暖房つけたなら! の上演を終了しまーす。次回は4時からになりまーす」

 2人は住宅展示場の営業用イベントとして設定された舞台でお芝居をしていた、というわけです。 ちなみに、バスガイド風の女性係員(ナレーター)に扮しているのは、ミス東大の八田亜矢子さん。劇との落差がすごい。


   東京ガス CM
   八田亜矢子のオフィシャルブログ(参考)
スポンサーサイト

テーマ : CM - ジャンル : テレビ・ラジオ

EDIT  |  20:43 |  CM 文庫 ............  | Top↑
2007.12.29(Sat)

逸品ぞろいのボストン美術館 浮世絵名品展 

 5万点にのぼる浮世絵版画を所有するボストン美術館から、保存状態抜群のスポルディング兄弟浮世絵コレクションを含む版画132点、肉筆5点、下絵画稿類12点、版本10点 で構成される今回の浮世絵展。大多数が本国初公開。
 主催者によると、「初期浮世絵版画の誕生から幕末までの展開を、主要流派と絵師の作品により通覧できる、まさに浮世絵史の教科書ともいえる構成です」 と自信満々。

 出展作品には鳥居清信の「風流四方屏風」、喜多川歌麿の「画本虫撰(えほんむしえらみ)」、菱川師宣「美人絵つくし」、勝川春章「三十六歌仙」などの貴重な珍書・絵本も含まれるとのことなので、内容的にも最大級の浮世絵展といえそうです。

  会 期 2008年1月2日(水)~4月6日(日)
  会 場 名古屋市ボストン美術館
  参 考 file「葛飾北斎と安藤広重」(こちらにも案内を載せています)

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:06 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.29(Sat)

ジャン・クロード・ウーターズ 「Shadow of Sky」 

 この写真展はかなり異色といえるね。 ジャン・クロード・ウーターズ。 ベルギーとパリを拠点に活動するアーティスト。彼のキャリアの出発点は、モーリス・ベジャール 率いる20世紀バレエ団のダンサー。現在もパフォーマンスを初め、いろいろな分野での表現活動を行っているとのこと。 写真による作品制作は、いわばその活動の一環。

 今回の展覧会では、ポートレートとヌードを被写体とした作品が15点ほど展示されるとのこと。活動も、被写体も、すべて肉体。

 それにしても皮膜のような作品のきわどさはどうだろう。 …… うーん bravo!!
(こういう作品の“最初の評価”は、日本では無理だろうねぇ)


  会 期 2007年12月13日 ~ 2008年01月31日
  会 場 marunouchi gallery(12月29日~1月9日休館)

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  03:30 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.28(Fri)

師走のララバイ ~ 新宿篇 


               冬ざれた新宿まち
            を
      うろついていたら
      無国籍な
      空が
      落ちてきそうだったので
      びっくりして
        急いで
           鐘を鳴らして
                 それから 走って 帰ってきた





テーマ : 思うこと - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  21:31 |  画(ゑ) ................  | Top↑
2007.12.28(Fri)

写真からカンタンに漫画が作成できる新サービス 

 かねがね1枚のキャラクターイラストから、簡単に、ある程度の動きが作れるアニメーション作成サービスやソフトができないかなあと考えていたので、この話題は、その流れのさきがけになりそうな予感も、……します。

 内容ですが、素材となる複数の写真をアップロードすると、それらを漫画のコマの中に1枚ずつ自動で配置し、吹き出しでセリフをつけて画像ファイル化できるサービスが登場した、というもの。

 コマ割りも自動で、それぞれの写真に5段階の「注目度」を設定でき、「少年漫画風」や「少女漫画風」などのジャンルを選ぶと漫画が作成できる仕組みです。吹き出しのセリフのほか、マウスでイラストを描き込んで装飾することも可能。 年賀状バージョンもあり、年賀状テンプレートを選んで写真をアップロードすると、ハガキに収まるサイズのオリジナル(漫画)も作成できる。

 今後は、ユーザーの声を聞きながらサービスを改善し、2月上旬に現在のα版をβ版化。その後正式版にする予定で、ブログ事業者など向けに販売する計画をたてているようです。最終的には「セリフの音声化」や「動画化」なども実現できるようにしたい構想のようなので、楽しみな、注目のサービスです。


   写真から簡単、オリジナル漫画 札幌発の新サービス
   マンガコミュニケーションシステム(サービス提供サイト)

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  15:30 |  話 題 ................  | Top↑
2007.12.26(Wed)

ギャラリー「やさしい予感」で開催中の2つの展覧会 

 目黒駅からほど近い閑静な一角に建っているらしいギャラリー「やさしい予感」。一軒家を改修したシンプルなつくりは、一度たずねてみたくなるたたずまいです。そんなギャラリーで開催中なのが、青蜩丸さんの「桜板絵」展と片桐弓さんの 「iron-worksQボルトマン」展。

 裏山のある北鎌倉の工房「蝉丸」で、四季の花々やねこのつれてくる蜥蝪、モグラ、蝶などと共同生活を送りながら創作する青蜩丸さんは、大判の杉板に桜の絵をあしらった桜板絵シリーズを、片桐弓さんは、ハンダ付けしたステンレスのボルトをミニチュアロボットのように変身させたユニークなボルトマンたちを、それぞれ展示しています。


   会 期 2007年12月19日 ~ 2008年01月14日(両展とも)
   会 場 Gallery やさしい予感
EDIT  |  04:26 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.26(Wed)

特集 国吉康雄 -寄託作品を中心に- 

 生活の場を求め17歳で単身アメリカに渡り、そののちアーティストとなった国吉康雄(1889‐1953)の展覧会。2004年の回顧展につづき、今回は所蔵家から寄託された作品を中心にした約20点の作品を展示。
 なかでも、ひろく知られる代表作「誰かが私のポスターを破った」の出展が目玉となります。

 国吉康雄 Yasuo KUNIYOSHI (1889-1953)
 岡山市生まれ。1906年英語習得の目的で渡米。シアトル、ロサンゼルスで肉体労働に従事。1910年画家になることを決意しニューヨークへ。1916年アート・ステューデンツ・リーグに入り絵を学ぶ。1929年ニューヨーク近代美術館主催の「19人の現存アメリカ作家展」に選ばれる。

   会 期 2008年1月2日(水)~3月20日(木)
   会 場 東京国立近代美術館本館/(2004年の国吉康雄展)
   参 考 国吉康雄の世界 (岡山県=国吉康雄の郷里)

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  03:26 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.26(Wed)

清川あさみの美女採集展 渋谷 PARCO FACTORY 

 昆虫を採集するように、アートクリエーターの清川あさみさんが、女優・タレント・ミュージシャンなどお気に入りの美女を採集。その美女にあう動植物をテーマに、衣装制作から撮影ディレクション、アートワークまでを手掛けてヴィジュアル作品を作り上げるシリーズ企画「美女採集 Asami Kiyokawa catch the girl」の展覧会。(以下はラインナップ)

『流行通信』
広末涼子×孔雀
夏帆×冬牡丹
香椎由宇×ライオン
戸田恵梨香×シマウマ
北乃きい×梅
上野樹里×ミツバチ
リア・ディゾン×カメレオン
北川景子×紫陽花
井上真央×うさぎ
沢尻エリカ×蜘蛛
吹石一恵×椿
堀北真希×グッピー
長澤まさみ×パンダ

『relax』
水川あさみ×フラミンゴ
一色紗英×キツネ
相武紗季×ワニ
石原さとみ×金魚
安藤裕子×クラゲ
芦名星×白鳥
美波×チョウ
宮地真緒×ヒョウ
本上まなみ×フクロウ






   会 期 2007年12月21日(金)~2008年1月7日(月)
   会 場 PARCO FACTORY パルコファクトリー (渋谷)

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  02:40 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.24(Mon)

ANAのCM バースデーケーキ篇 

 遠距離恋愛をはぐくんでいる若いカップル。 今日は彼女の誕生日。彼女は部屋でケーキを用意して、ヒコーキに乗ってやってくる彼を待っています……。

 透明感のある伸びやかな井上陽水のヴォーカル(「新しいラプソディー」)をバックに、 うたたねをしている彼女のもとへ、小さなヒコーキがじょじょに高度をさげながら降りてゆく作りが、なかなかかわいらしい。


      ANA Fan(ANAが発信する様々なメディア情報)

テーマ : CM - ジャンル : テレビ・ラジオ

EDIT  |  02:01 |  CM 文庫 ............  | Top↑
2007.12.24(Mon)

MySpaceにティーン読者向けコミュニティー 

 アメリカの大手出版社のHarperCollinsが、ティーン向けの読書サイト「HarperTeen」のコミュニティーを立ち上げた、というニュース。

 コミュニティーを立ち上げたのはMySpaceと呼ばれるページで、メッセージボードやフォーラムでの意見交換や、作者ブログへのアクセス、新着図書にかんする情報収集などができるスペース。

 このMySpaceというのは、先日、ニコニコ動画の利用率に関する記事 でご紹介した海外の動画サイト同様、すでに、(日本を含め)グローバルに開放されたオンラインコミュニティーのポータルサイトと化しております。 詳細については、リンクをたどっていただくほうが早そう。 それにしても、最近、国際的なコミュニティーサイトが多すぎて、ちょっと忙しすぎる気も……しますが。

  大手出版HarperCollins、MySpaceにティーン読者向けコミュニティー
  HarperTeen(ティーン向けの読書サイト)
  MySpace (同コミュニティーサイト)

テーマ : ITニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  01:06 |  話 題 ................  | Top↑
2007.12.23(Sun)

1月 小惑星が火星に衝突する可能性 確率は75分の1 

 NASAの発表によると、11月に発見され地球に接近してくる小惑星の「監視リスト」に載せられていた直径50mほどの「2007WD5」という名の小惑星が、火星に衝突する可能性がある、というニュース。 
 地球に衝突する可能性はなくなったようですが、アメリカ東部時間で来年の1月30日AM6時(日本時間同pm8時)の時間帯に、火星から約5万km以内を通過する見込みで、75分の1の確率で衝突する可能性があるとのこと。

 現在、地球と火星の間を飛んでいる小惑星は、約時速45000kmで火星に接近しており、衝突すれば「直径1km程度のクレーター」ができる可能性があるらしい。 直径50mほどの小惑星でも、衝突時のエネルギーはメガトン級。このような規模の小惑星が火星に衝突することは、1000年に1度くらいの頻度で起っているようです。 なおもし衝突が起こった場合、NASAでは火星を周回中の探査機マーズ・リコネサンスなどでクレーターを観測する予定だということです。

   小惑星、火星に衝突か 確率75分の1 NASA発表
   火星に小惑星衝突の可能性、来年1月30日…NASA発表
   来年1月に小惑星が火星に衝突か、確率「七十五分の一」と

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  02:32 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.21(Fri)

旭山動物園のレッサーパンダ 吊り橋オープン 

北海道新聞
 旭山動物園のレッサーパンダ施設に「つり橋」が新登場。昼間は木の上での生活を好む習性に注目し、2本の木に高さ3.5メートル、長さ13メートルの橋を架け、渡る姿などを来園者にも楽しんでもらうと製作されたもの。 さっそく21日には獣舎前に約100人が訪れ、レッサーパンダが軽快につり橋を渡る姿に見入ったということです。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  22:45 |  話 題 ................  | Top↑
2007.12.21(Fri)

羽生善治 破格の勝率で最速1000勝達成 

 驚異の7冠制覇から11年。このほど、大阪の関西将棋会館で行われたA級順位戦で久保利明八段に勝って、公式戦通算1000勝を達成。谷川浩司の25年6カ月を塗り替える(プロ入り)22年の最速記録。8人目。

 通算成績1000勝373敗。勝率7割2分8厘は、故・大山康晴十五世名人の6割4分7厘を大幅に上回る。 破格の強さを物語る数字です。

 勝っておごらず、どこか淡々として、風狂人の趣きすら感じさせる彼は、7冠達成当時(平成8年)は寝ぐせ頭(ヘア)がトレードマークで、「飾らないぼんぼん」といった感じでしたが、30歳代にはいってからは、深みというか、コクが増して無駄がない、勝負師の表情に磨きがかかってきたような印象を受けます。

   羽生 最年少・最速1000勝
   羽生二冠 最速で1000勝達成 A級順位戦は5勝目
   棋士・羽生善治 NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

 追記)
 先日の情熱大陸で取り上げたのが、「羽生世代」のひとりで1秒間に1憶3手よむ棋士として知られる佐藤康光。果敢に挑んだ竜王戦。しかし。タイトル奪取はならず。第1局と第5局でみせた王将そばの端歩「9六歩」の指し手は、玉砕的ではありましたが、安全な将棋はやりたくないという本人の姿勢を反映する一手だったのかもしれません。

   情熱大陸 佐藤康光(棋士)

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  21:51 |  話 題 ................  | Top↑
2007.12.21(Fri)

絵とコトバ 三人展/安西水丸 佐藤晃一 若尾真一郎 

 イラストレーターの安西水丸氏、若尾真一郎氏に、デザイナーの佐藤晃一氏を加えた3人が、それぞれ自作の「コトバ」に絵を描き下ろす展覧会。

 どういう組み合わせなんだろう ?!

 と思ったら、学生時代から親交の深いあいだがらだそうです。 1月28日には3人によるトークショーも開催予定です。なお今回の出展作品は、すべて新作の描きおろしになるそうです。


   会 期 2008年1月15日 ~2008年2月8日
   会 場 クリエイションギャラリーG8(リクルート)

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:55 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.20(Thu)

UFOは存在する? 閣僚の目はかく語りき 

 民主党議員の提出した「UFO目撃情報が後を絶たず、確認作業は政府の喫緊の課題だ」という質問主意書に対して、政府は「これまで存在を確認していない」との答弁書をだしました。 UFOにかんする答弁を公式に聞いたのは、たぶん生まれて初めてじゃないかなぁ。

 でもこういう話題も、たまにはあっていいよね。実際、太陽系の惑星や衛星に水の痕跡や存在が確認されたりしている昨今、生物がいてもおかしくないとする推論をたてる根拠があるわけだから、UFOだって単純にSFネタと切り捨てるわけにもいかない現実味を含んでいるともいえるわけだしね。

 だからこの話題をめぐり記者席から質問が飛んださい、「個人的には絶対いると思ってます。ナスカの地上絵とか、いろんなところで説明できないことがあるから」と町村官房長官が笑いを交えつつ話したのも頷けるし、(おそらく担当相である)石破防衛相がゴジラやUFOについて現実的な想定を披露してみせたのもそう。 なんといっても、ふだんは煮ても焼いても食えないような政治家さんの目が、少年のような輝きを見せたのがいいね。

 こうゆう話題なので、れいによってTV局のインタビュー取材に応じたたま出版の韮澤編集長が、いくぶん自慢げに「わたしなんか毎日みてますよ」と答えていたのが、いつになくおかしかったなあ。

 …… ちなみに、質問主意書を提出した民主党議員も、町村さんも、石破さんも、自身ではUFOを見たことはないとおっしゃっていましたが、ぼくじしんは過去に1度だけUFOを見たことがあるんですよ。 上空を複数の光の玉が派手に動くやつ。 興味のあるかたは、下記ファイルをご覧になってみてください。(実話)

  ゴジラやUFOで自衛隊が出動する法的根拠? 石破防衛相が考える
  UFOめぐって閣内不一致?町村官房長官「絶対いる」
  file ≡ UFO 目撃体験 ≡

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  21:51 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.19(Wed)

特別展 「幕末ニッポン ~ハリスと黄昏の大君の都~」  


 来年(2008)は日米修好通商条約が締結された安政5年(1858)から150年の節目。徳川政権下で続けられた260年余の鎖国が終焉を迎え、日本が開国へと至る道すじをつけた出来事でもありました。

 展覧会では、初代駐日総領事を務めたタウンゼンド・ハリスに関する資料のほか、幕末の世相を描いた浮世絵や、幕末の状況を写した古写真、さらに新しく発見された資料「文久日記(文久年間における桑名藩士の江戸滞在記録)」などを中心に、激動する幕末ニッポンの世相を紹介します。

 また、展覧会に関連するイベントとして、12月22日・23日・24日には映画「幕末太陽傳」を上映。 1月13日には落語会も開かれるようです。


    会 期 2007年11月23日 ~ 2008年01月14日
    会 場 たばこと塩の博物館
      
EDIT  |  00:55 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.19(Wed)

ほっとあったまる「project N 31 山口聡一」展 

 とろ~りとした画面構成とマチエールが見る者をついうっとりさせる、そんな気がする山口総一さんの展覧会。そのまま絵本になりそうな、ほっとあったまる世界です。でも、その背景には緻密な計算も働いているようです。構成およびディティールも重要な見せ場。


    会 期 2007年11月03日~ 2008年01月14日
    会 場 東京オペラシティ アートギャラリー
EDIT  |  00:31 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.18(Tue)

カフカも仰天の顛末は? シューマッハ「タクシードライバーに変身」捜査か 

 話があまりに傑作すぎてブログのネタにすることを忘れてしまったほどでしたが、社会のルールにおいては世紀のエピソードではすまない出来事、ということなんでしょうかね。 (ドイツの法律がどうなのか詳しいことは分かりませんが) タクシーの運転は有資格者でなければ法令違反になる、ということなんでしょうねぇ。

 事の次第をよくご存じない方々のために、話をおさらいしておきましょう。

 家族でドイツ南部に遠出した帰り、タクシーに乗り込んだシューマッハ一家。ところが意外に道が混んでいて、搭乗予定の飛行機の時間に間に合わない雰囲気。そこで、サーキットの皇帝シューマッハが丁寧な言葉で「時間が迫っているので運転を代わってもらえませんか?」と、運転手に申し出たらしい。運転手は(おそらく)それを快諾。にわかタクシードライバーと化したシューマッハは、フルスロットルでコーナーを曲がり、ありえないほど狭いスペースで次々に前のクルマをパス。それで一家は無事飛行機の出発時間に間に合った、というもの。シューマッハは運転手にお礼をいい、運賃60ユーロ(約9800円)のほかに、チップ100ユーロ(約1万6000円)を支払ったということです。

 この件で当局の関係者は、「交通法に違反している。この件を調査するため、タクシーの運転手に事情聴取を行なう」と語り、捜査の対象となってしまったと、そんなふうに報じられています。しかしまあ仮にペナルティを課されるとしても、法令で定められた範囲内での罰金程度で済むんじゃないでしょうか。

 M.シューマッハ、タクシー運転が捜査の対象に(ニュース新)
 シューマッハー、タクシー爆走 飛行機に遅れそうになり(ニュース元)
 シューマッハ運転のタクシーは世界最速(ニュース元)

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  21:21 |  話 題 ................  | Top↑
2007.12.18(Tue)

野生の猫サーバルの強烈なネコパンチ! 

 野生の猫というと、日本では沖縄のイリオモテヤマネコ。学生時代、このイリオモテヤマネコの棲む沖縄・西表島までいったことがあるのですが、ノラ猫のようにそのへんをウロついているはずもなく、遭遇することはできませんでした。

 姿をとらえることのできる確率からいうと、イリオモテヤマネコよりもずっと低いサバンナに棲む野生の猫サーバル。 今回NHKダーウィンが来た! のスタッフが貴重な撮影に成功。 その模様が放映されました。

 いちめん背の高い草に覆われた場所に暮らすサーバル。獲物のだす超音波を、アンテナのようにそびえる2つの大きな耳でキャッチ。 狙いが定まると、垂直に近い角度で2mほどもジャンプし、獲物に襲いかかる。飛距離は4mほど。 この身をひくく構えてジャンプし標的に襲いかかる仕草は、ときどき見かけるノラ猫の動きとそっくりです。 そこはやはり猫どうし。似ています。

 獲物というのは主にネズミのようでしたが、それだけではありませんでした。 カメラはハブとマングースのように戦闘態勢で向き合う「サーバルvs毒ヘビ」の緊迫した場面をとらえました。 長さ1mほどもある大きな毒ヘビの攻撃に対し、サーバルは俊敏な動きで飛びのいたりしながら、見事にそれをかわすします。 しかし、目はまっすぐヘビを見据え、視線がそれることはありません。

 毒を持っているにもかかわらずサーバルがなぜ執拗にヘビを攻撃するかというと、獲物として「ネズミ70匹分に相当するから」 という話でした。 やがて毒へびは、サーバルの繰りだす強烈な猫パンチに倒れ、「獲物」としてくわえられてゆきました。

 ヘビをくわえて戻った場所には、子どものサーバルが4匹ほどいました。 お母さんだったんです。 ……そのあと、 ジャッカルやヘビクイワシなど獰猛な天敵が子どもを狙って近くをウロつくので、母親サーバルは、 300mほど離れた場所にあらかじめ見つけておいた新しい巣へ、1匹すつくわえて、 1時間かけて引っ越しをしました。(引っ越しに費やした距離=延べ約2km)


    ダーウィンが来た!第83回「サバンナのネコ 強烈パンチ!」

テーマ : TV番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

EDIT  |  00:10 |  番 組 ................  | Top↑
2007.12.17(Mon)

声優への登竜門もめざす「こえ部」オープン ~カヤック 

 絵の測り売りなどユニークな活動を展開する面白法人カヤックが、ブラウザ上で「声」の録音・再生が可能な 声コミュニティサービス「こえ部」 をリリース。

  こえ部は、誰でも「こえ」(音声データ)を投稿・公開することができる音声専門のコミュニティサイト。 こえ部員は、聞いてみたい「お題」をだす部員、その「お題」に答えて「こえ」を録音する部員、そしてできあがった「こえ」を聞く部員、で構成。 もちろん「お題」を自分で決めて好きなセリフを録音してもOK。

 「こえ」はFlashを活用したサイト上の録音プレーヤーで録音できるほか、すでに録音ずみの音声ファイル(mp3形式)があれば、それをアップロードすることもできます。 録音した音声はコメントやタグを付けて公開。

 なお、こえ部は、声優を育成する教育機関・アニメ業界・演劇業界など「こえ」に関連する企業・団体との提携を進めていく方針で、「プロ声優への“登竜門”サイトを目指します」 ということです。

   声の共有ができるコミュニティサービス「こえ部」をリリース
   こえ部って? こえ部 声で遊ぶコミュニティ(←「こえ部」はここ)
   面白法人カヤック

テーマ : インターネットサービス - ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  21:15 |  話 題 ................  | Top↑
2007.12.15(Sat)

ポケットフィルム・フェスティバル in Japan 

 いまやマルチな撮影機材と化して、世界中でその威力をぞんぶんに発揮しているケータイ。その手軽でリアルタイムな動画機能を生かして、2005年にフランスの映像文化施設「フォーラム・ド・イマージュ(Forum des images)」が世界に先駆けて開催したのがこのフェスティバル(映画祭)のルーツ。

 今年(2007)6月ポンピドゥー・センターでの第3回開催につづき、12月7日~12月9日、日本版ポケットフィルム・フェスティバルが横浜(東京藝術大学・横浜キャンパス新港校舎)で開催され、大賞ほか審査結果が発表されました。

 受賞作品等は下記Yahoo動画サイトで視聴できます。「受賞者による作品紹介」が添えられているので、あらかじめ、ある程度の内容を知っておくことができますが、なんの情報もなく、サラの状態で見たとき、どうなのか。 今後、作品の質がさらに高くなっていくことが予想されところです。 そうなるとまず、オープニングのつくりが勝負かな、という印象を抱きました。

    ポケットフィルム・フェスティバル オフィシャルサイト
    Yahoo!動画 - ポケットフィルム・フェスティバル
    Forum des images (フランス)
EDIT  |  23:31 |  映 画 ................  | Top↑
2007.12.15(Sat)

ニコニコ動画の月間利用時間は動画サイト中トップ 

 マーケティング企業のネットレイティングス は、12月14日、「10月の家庭からの動画サイト利用に関する調査」で、世界の動画サイトについて国内ユーザー1人当たりの月間利用時間や利用回数、月間ユニークユーザー数などを調べた結果を発表。

 それによると、利用時間が最も長かったのは、ニコニコ動画の2時間50分10秒。2位がYouTubeの1時間6分53秒。3位が韓国のPandora.TVで29分33秒。 また、1人当たりの利用回数が最も多いのもニコニコ動画で8.09回。2位はYouTubeの5.43回、3位がアメリカのveohで3.55回。

 なお、ユニークユーザーが最も多いのは、YouTubeで1455万1000。2位がニコニコ動画の386万。3位がフランスのDailymotionで132万8000。このほかトップ10には、veoh(6位)、Pandora.TV(8位)、LiveVideo(10位)など海外サイトがランクイン。

 それにしても、これほど急速に一般ユーザーのグローバルな動画サイト利用がすすんでいるとは、……。こうした動向実態の把握・認識については、たぶん(国内)メディアのほうが遅れていて、まだよく知らないとおもう。

   ▽ ITmedia News(チャート・各リンクなど添付)
   「ニコ動」利用時間、「2ちゃんねる」の3倍以上
   「ニコ動」平均利用時間、Yahoo!やmixiを上回る IDは300万突破

テーマ : ITニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  21:03 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.15(Sat)

やわらか戦線に異変あり? トップランナー本日出演ラレコせんせ 

 わずか1年間で延べ1500万回を超える配信回数を記録したというウェブアニメーターのラレコせんせが本日トップランナーに出演。

 「やわらか戦車」 「くわがたツマミ」 「やわらかアトム」など、すでにヒット作品多数。 ケータイ小説同様、ネット時代ならではの“1ジャンル確立”といったオモムキですな。 うん、これはこれで、すごい。 さあて、ついに、謎のヴェールがあきらかに。(再放送日:12月20日(木) 24時10~24時54分.NHK総合)

テーマ : TV番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

EDIT  |  02:33 |  番 組 ................  | Top↑
2007.12.14(Fri)

風間サチコ 展 「満鉄人 VS プリズン・ス・ガモー」 

 グレーのグラデーションを特徴とする木版画の手法で、「今」と、その「今」をもたらした「歴史」に独自の検証を試みる風間サチコさんの展覧会。

 世の中、白黒はっきりしない、グレーゾーンなことがいっぱい。風間さんは見極めのむつかしいそこんトコロを、作品によって自分なりに具現化してきたようです。そんな風間さんが今回の作品づくりに選んだテーマは、なんと「満州鉄道」。いわゆるマンテツ。(てっきり戦前の人かと……)

 今回は新作の木版画に加え、初のアニメーション「リトル妖怪くん」も公開されます。 表紙の題字がわりに貼付されている画(ゑ)、こちらもいいです。


    会 期   2007年12月13日(木)~ 2008年1月26日(土)
    会 場   無人島プロダクション
EDIT  |  21:01 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.14(Fri)

Print Works <版画工房と作家たち> 展 

 昨年他界したシルクスリーン版画分野における先駆者である、岡部徳三氏率いる岡部版画工房が、1960年代から現在までに製作した版画40作家約150点を、年代ごとに解説を交えて公開します。 (横尾忠則、草間彌生をはじめとする貴重な版画作品を一挙公開)

 会 期 2007年11月20日 ~ 2008年01月31日
 会 場 The Artcomplex Center of Tokyo
EDIT  |  20:20 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.14(Fri)

鈴木敦子さんの新作版画展 「またね」 

 透明感のあるあわい色彩のアンサンブルと抒情性が目をひく鈴木敦子さんの新作版画展。

 この個展のために 「1年以上かけて制作された<夜光虫から想を得た小品集> <身近な町並みや道路を描いた美しい作品群> <一寸不思議な仕草の人物シリーズ> など、およそ20点の木版画新作を発表します」 とのことです。

    会 期  2007年12月12日~12月22日
    会 場  不忍画廊 SHINOBAZU GALLERY
    画×画   同画廊 スケジュール鈴木敦子 SUZUKI Atsuko
EDIT  |  18:40 |  Art  .................  | Top↑
2007.12.13(Thu)

# カバくんといっしょにガラガラしよう ...イソジンのCM 

 インフルエンザ流行の季節になってきました。こまめのうがいは予防の基本。カバくんの登場するイソジンもまたうがい薬の定番。

 うえを向いてガラガラして……、あたたかくして休みましょう。

 ところで、CMをみているとクレイアニメーションの動きとよく似ていますよね。 やはりカバくんの場合も、すこしづつ動かしながら1コマ1コマ撮影してゆくいわゆる「コマ撮り」で、30秒のCMを作るのにおよそ「900コマ」が必要なのだそうです。 ……なわけで、1カットを撮影するのに3時間~4時間ほどかかったとか。

 それからカバくんの素材ですが、これはハリウッドで使われている人肌のように柔らかい特殊ラバーを使用しているんだそうです。 そして、この素材に加えて、内部には、なんと関節がいっぱい! 細工も緻密ですねえ。 しかも、カバくんの着ているセーターは、実際に職人さんが編んだ手編みのセーター! 制作スタッフの熱意が伝わってきます。


    ::::: 明治製菓 イソジン :::::

テーマ : CM - ジャンル : テレビ・ラジオ

EDIT  |  15:55 |  CM 文庫 ............  | Top↑
2007.12.13(Thu)

きょうの鍋もの指数全国マップ~日本気象協会 

 まさにこれからの季節にピッタリ!?の「きょうの全国鍋もの指数」。 発信元は、お天気情報を提供する日本気象協会。

  なんでも同協会サイトの「鍋もの指数の読み方」によると、
 
 鍋もの指数とは、気温と風速から算出した体感温度と湿度などの気象データを組み合わせて算出したもの。気温が低く、空気が乾燥するほど鍋もの指数は高くなり、鍋料理に適したお天気になります。


 とのこと。 サイトでは、北海道の石狩鍋や秋田県のきりたんぽ鍋、茨城県のあんこう鍋、福岡県の水炊きなど、12の鍋料理レシピ集を写真つきで紹介。 (ちなみに鍋指数の提供は2月末までのようです)


    全国の鍋もの指数(日本気象協会)

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  02:21 |  話 題 ................  | Top↑
2007.12.11(Tue)

ASIMO 「接客もできるようになりました」 

 アシモが自分で状況を判断して行動するだけではなく、複数のアシモ同士で作業を分担することも可能になったそうですよ。 たとえば、来客があると出迎えて案内し、注文された飲み物をトレーやワゴンで運んだり、相手の動きに応じて道を譲ったり、そんなことも自分で判断してできるようになったそうです。
 将来的には医療・介護などの用途も模索していく、というホンダ。 アシモ開発の前段階だったP1、P2、P3、いわゆる「Pシリーズ」から注視してきただけに、「ここまできたんだなあ」と、個人的にも感慨深いものがあります。 ちなみに、ホンダ陣営によると、「アシモは開発の初期段階から手塚治虫の鉄腕アトムを想定していた」ということです。

  ASIMO OFFICIAL SITE

    接客もできます 新型アシモ公開(ニュース)
    協力して接客できます ホンダのアシモ(同)
    ホンダ「ASIMO」3体による給仕チーム結成(同)

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  21:55 |  サイエンス ..........  | Top↑
2007.12.11(Tue)

香りと恋心~バルビエのイラストレーションと香水瓶 展 

 アール・デコ様式で知られるフランスのイラストレーター ジョルジュ・バルビエ。 そのバルビエ作品をフランス文学者 鹿島 茂氏のコレクションより展示。また、主催する資生堂からは、大正期に作られた初期の香水~モデルの山口小夜子さんを起用した昭和期の香水、さらに近年までの代表的な香水を、日本文学の恋の一節とあわせて展示します。 テーマは「香り」と「恋心」。


    会 期 2007年12月14日~2008年03月23日
    会 場 HOUSE OF SHISEIDO - ハウス オブ シセイドウ



 資生堂と蔡國強

 1919年開廊の資生堂ギャラリー。年号でいうと大正8年の老舗ギャラリーです。そんな資生堂ギャラリーが1990年代に入って力をそそいできたのが、「亜細亜散歩」(1994)を皮切りに始まったアジアにおける芸術文化の交流。

 今年(2007)6月23日から8月12日に資生堂ギャラリーで開催された展覧会「時光 -蔡國強と資生堂」で主役を務めた火薬ドローイング(火薬を爆発させて絵を描く)の紡ぎ手・蔡國強さんも、そうした活動の中で出会った作家のひとり。「亜細亜散歩」(上述)への参加を契機に、資生堂は国内外で開催される彼の主要な展覧会をサポート。

 「時光」とは中国語で歳月を意味する言葉。蔡氏みずから命名したというこのタイトルには、“資生堂と培ってきた長い歳月を一度振り返ってみたいという蔡の想いがこめられている”、とのことでした。(詳細は下記サイト)

 付 記)
 「11月25日、蔡國強氏の爆発ドローイングが香港クリスティーズでオークションにかけられ、950万ドル (約10億円) で落札された。/ ロイター)」のニュースがネット上にも流れました。


    詳細 「時光 -蔡國強と資生堂」SHISEIDO GALLERY
    ニュース 火薬で描く日本体験 中国の蔡國強さんが「時光」展

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  01:43 |  Art  .................  | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。