--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.06.28(Sat)

大学ノートから② 

 はじめに)

 1993年~2000年までの間にテーマを設けず自由に綴った6冊の大学ノートから拾いあげたものを載せてみます。
 あるときはみずからの勉強のための覚え書きとして、あるときは日々の呟きや思いを記す日記として、またあるときは小説のネタ帳や詩の草稿として、おりおりに書き留めていったものです。掲載するにあたって、若干、表現の推敲を要するものもありますが、すべてのフレーズを比喩としてお読みいただければその点も杞憂に終わるだろうと考え、冒頭にこの断り書きを置くことにしました。



 ●日曜日の夜ほど孤独な夜はない。
  日曜日の夜ほどさびしい夜はない。

 ●現実も物語(ドラマ)もみんな虚像だ。

 ●「人生の遠まわり」 (寓話の草稿)
 たとえば東京から横浜へ行きたいと思う1人の男がいたとしよう。ところが彼は、横浜がいずれの方向に位置するのか分からない。そこで彼は行きずりの人たちに尋ねてみた。
  -横浜はどちらの方向になるでしょうか?
 するとある人は北の方角を指さし、ある人は西の方角を、またある人は東の方角を指さし、別の人は南の方角を指さした。その答えがあまりにばらばらなので、彼は頭を抱え込んでしまった。誰の指さす方角に行けばいいのだろう?
 考え抜いたすえ、彼は自分の信じる方角に向けてすすむことにした。つまり「東の方角」に向けて出発したのである。西へすすめば30分足らずで行けるものを、まったく正反対の方角を選択したために、彼は、東京から横浜に向かう「地球一周の道程」に一生を費やしてしまったのである。

 ●ひとは誰もみなふりかえりたくない過去を持っている。

 ●「匂いと精神安定効果について」
 お寺の境内。
 石畳の上をゆっくりと歩いてゆき、階段を登りきったところで靴を脱いで本堂に入る。すこしひんやりする。そしてかすかにお香の匂いがただよってくる。すーっと心が落ち着いてゆく気がする。かたくなになっていた心がやわらいで、やさしい気持ちがよみがえってくる。やすらぎを感じる。

 たいてい敷地がひろく、緑があり、静けさに包まれた環境にあるということもあるが、本堂にさり気なくただようお香の匂い、この心地よい匂いがなかったら、心のやすらぎはだいぶ薄らいでしまうかも知れない。 室内やトイレ、車の中などの片隅に置かれている柑橘系の芳香剤なども、心を安定させる効果を発揮していると思う。

 ●人にはどうしてツノがないのだろう。角田(つのだ)という姓はあるが、ツノはない。たぶんシッポと同じように、進化する過程で退化したにちがいない。

 ●「経験から学ぶ」ということは、必ずしも、年齢と比例していることを意味しているわけではない。

 ●いずれ死にゆくものを山羊は世にでむとす。

 ●「やけに静かだな」
  目がさめたら、東京には誰ひとりいなかった。
        (丸一昼夜)
  何事もないいつもの朝が……。
  駅のホームは人であふれ、せわしいラッシュアワー。

 ●自分じしんであることに集中できない苛立ちと悔しさ。

 ●どうやら空には雷神がきたようだ。ここ2~3日、夜空に月が見えない。


大学ノートvol.1~vol.6(1993~2000)から。この項つづく。
スポンサーサイト
EDIT  |  17:50 |  さかなの睡眠 .......  | Top↑
2008.06.25(Wed)

J・E・ミレイ展 

 
  あまりにも衝撃的で、世界中でもひろく知られる「オフィーリア」。小学生か中学生のころ、初めてこの作品を見たとき、恐れ、おののいたのをよく覚えています。作者は、19世紀英国を代表する画家ジョン・エヴァレット・ミレイ(John Everett Millais 1829-1896)。ウィリアム・シェイクスピア四大悲劇「ハムレット」の1場面を描いたといわれています。

 そのミレイの作品を振り返る「英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠―ジョン・エヴァレット・ミレイ展」が、北九州市制45周年とUK-Japan 2008(日本における英国年)を記念して開催されています。 この展覧会は、イギリス(テート・ブリテン)、オランダ(ヴァン・ゴッホ美術館)を経て、日本(北九州市と東京都)で開催される世界的な回顧展でもあります。

 出展作品は、「オフィーリア」、「両親の家のキリスト」、「マリアナ」などの油彩約50点と素描など、合わせて約80点。


   会 期 06月07日(土)~08月17日(日)
   会 場  北九州市美術館

   会 期 8月30日(土)~10月26日(日)
   会 場 Bunkamuraザ・ミュージアム
EDIT  |  15:40 |  Art  .................  | Top↑
2008.06.24(Tue)

大学ノートから① 

 はじめに)

 1993年~2000年までの間にテーマを設けず自由に綴った6冊の大学ノートから拾いあげたものを載せてみます。
 あるときはみずからの勉強のための覚え書きとして、あるときは日々の呟きや思いを記す日記として、またあるときは小説のネタ帳や詩の草稿として、おりおりに書き留めていったものです。掲載するにあたって、若干、表現の推敲を要するものもありますが、すべてのフレーズを比喩としてお読みいただければその点も杞憂に終わるだろうと考え、冒頭にこの断り書きを置くことにしました。



 ●現実と真実は、必ずしも一致するとは限らない。

 ●物事を2元的にしか考えないところに、日本人の落ち度がある。

 ●地球が日本だけでなくてよかった!

 ●世界中にあるすべてのお金を集めても買えないもの。
  命。時間。そして才能。

 ●まったく何の変化もないという状況に、人間は長時間耐えることができない。

 ●炎天下。あついあついと言いながら歩くのも、夏の楽しみの1つである。

 ●風がながれ、光がふりそそいでいるのに、ぼくらはそれを感じることを忘れて
  しまっている。

 ●「ねえ。そんなことより、アッチの話しない?」
  「あっちの話? ― ちくしょう、また豚の話か!」

 ●自殺でも事故でもいいから、1日でも早くあの子が死んでくれたらと、母は
  毎日のようにお祈りをしていた。

 ●おんなは刃物だ。

 ●「女の生きがいは、男を誘惑することよ」

 ●とりつかれるほどの集中力とエネルギーがなければ、新しいものなんて創造
  できない。

 ●毎日がはげしい陣痛の連続だとしたら、ひとは、自殺するか、発狂するしか
  ないだろう。

 ●たとえば、客室乗務員とかテレビ局の入社試験の場合。面接をクリアする条
  件として「できるだけブスであること」という項目があるとしたら、女子大
  生たちは「できるだけブスになるように」必至で努力するだろうか?


大学ノートvol.1~vol.6(1993~2000)から。この項つづく。
EDIT  |  21:30 |  さかなの睡眠 .......  | Top↑
2008.06.23(Mon)

ウーマン 


    実験作だね。 お疲れさまです。

EDIT  |  23:05 |  画(ゑ) ................  | Top↑
2008.06.23(Mon)

チューン 


Dragon Ash 「Grateful Days」
  ちょいと古いですが、'99年当時の映像としては
  たいへん斬新でした。kenji君は目が親父さんに
  似てるのかな。
EDIT  |  21:30 |  画(ゑ) ................  | Top↑
2008.06.22(Sun)

梅雨の雷雨 

西のほうから雷雲。

東京も正午すぎから降り始めました。
EDIT  |  15:20 |  話 題 ................  | Top↑
2008.06.21(Sat)

学生CM募集-GATSBY 

 昨年から韓国・香港も同時開催となったGATSBY学生CM大賞。今年は第3回。締め切りまでたっぷり時間がありますので、腕に覚えのある学生さんや、映像クリエーター志望の学生さんは、ぜひトライを。

募集内容
……マンダム ギャツビー等のCM。映像作品の秒数は15秒、30秒のいずれか。映像・音声・ナレーション・CGなど作品構成素材のすべてが未発表のオリジナル作品であること。


   事前登録締切 2008年 8月25日(月)
   作品応募締切 2008年 8月31日(日)
   詳細 = 「GATSBY学生CM大賞2008」
EDIT  |  22:10 |  Art  .................  | Top↑
2008.06.19(Thu)

野菜との対話 



  僕は森を育てるように、アイデアを育てている。
  数年前フランスの田舎、ヴェンデというところに森を造ろうと思い立った。
  一体どうしてそんなことを考えたのか思い出してみると、 僕がアートで
  これまでやってきたことと、同じことをやろうとしていたのに気がついたんだ。

   ファブリス・イベール


「Artで街をやさい畑にするProject」(イベント名)

 東京の真ん中ともいえる青山・神宮前エリアに、バジルやらトマトやらナスやら春菊やらピーマンやらキュウリやらといった野菜を植え、育ててみようという試み。フランス人アーティストのファブリス・イベール氏の提案から始まったもので、太陽の恵みを受けて、つつましく、また逞しく成長してゆく野菜たち(=生命・自然)の声に耳を傾け、対話を試みる「街への新たなアプローチ」です。

  会 期  2008年 4月26日(土)- 8月31日(日
  会 場  青山通り(サイト内のMAP参照)
  サイト  Artで街をやさい畑にするProject
      関 連  ファブリス・イベール『たねを育てる』展-ワタリウム
EDIT  |  17:40 |  Art  .................  | Top↑
2008.06.17(Tue)

# ケツメイシ 

「トレイン」 CM篇
作詞 作曲 ケツメイシ

 僕の中の高速列車は今日もガタガタ言いながら
 夢と言う名の駅に向かってひたすら走ってる (Aah Aah Aah

 夢に向かって走るのか それとも途中腐って錆びるのか
 この僕の列車はお構いなく 今日も魅了 人をさらい出す
 なりたいもの やりたいこと 子供の頃の 夢見ごころ
 それを燃料にして走り出す 途中下車無効にて限りなく
 走ること 走り続ける程 夢多き吹く風も増えるもの

 切符書かれた「夢駅」の文字 不安に駆られるがそのひと時忘れるなと
 あの気持ち騒ぎ出す

 そのときまた車輪は回りだす 列車行き先は自分に見える
 だからこそ僕は僕で居れる

 動き出せ 僕の中の少年のようなピュアなハート
 飛び出せ 僕の駅へ 草掻き分け走り出せ

 僕の中の高速列車は今日もフラフラ舞いながら
 夢と言う名の空へ向かってひたすら飛んで行く (YOH YOH

 夢見る限りレールは伸びる 加速する度に不安もよぎる
 いまどこへ どこへ向かってるか分からなくていい 夢詰まってる

  * ケツメイシ「トレイン」歌詞 Uta-Net



 補 記)
 数年前。ボーダフォン・ジャパンが業績不振でソフトバンクの孫さんに買収されるすこし前、山田優を起用したCMで使用されていたのがケツメイシの「君にBUMP」。

 # BUMP BUMP 君じゃないと 合わせる意味がない
  BUMP BUMP 嘘じゃない 時が過ぎて行く

 あじなラップ調のダンスサウンドといった趣きの楽曲で、思わずへぇ~と。とても感心しました。今回「トレイン」には、さらに。 とにかくすすんでゆくチカラが、あるよね。前向きなチカラがさ。これはいい。



プラス1
「トレイン」 fastech篇... フル ver

後半 …… 黄色いねこみみ。
終盤 …… ごおぉぉぉーっ という鉄の音。
EDIT  |  19:10 |  You Tube+ .........  | Top↑
2008.06.16(Mon)

Dali 

EDIT  |  20:30 |  画 集 ................  | Top↑
2008.06.16(Mon)

レンピツカ 

EDIT  |  19:30 |  画 集 ................  | Top↑
2008.06.14(Sat)

加山 又造 

EDIT  |  19:50 |  画 集 ................  | Top↑
2008.06.12(Thu)

PICASSO 

EDIT  |  22:47 |  画 集 ................  | Top↑
2008.06.10(Tue)

ルーチョ・フォンタナ 

EDIT  |  21:30 |  画 集 ................  | Top↑
2008.06.10(Tue)

フランシス・ベーコン 

EDIT  |  21:25 |  画 集 ................  | Top↑
2008.06.09(Mon)

MOBILE ART IN TOKYO 


 シャネルの構想および主催のもと、香港、東京、ニューヨーク、ロンドン、モスクワ、パリなど、2年の時間をかけて世界の各都市をパビリオンごと回る大型のアート・プロジェクト。今年(2008年)2月27日、香港からスタートしたこの国際イベントが、5月31日、2番目の開催地である東京に上陸。

 総勢20組のアーティストが集う。日本からは、アラーキー(荒木経惟)、オノ・ヨーコ、束芋などが参加 。

   会 期  2008年 5月31日(土)~7月4日(金)
   会 場  国立代々木競技場 オリンピックプラザ 特設会場
   サイト  エキサイト×MOBILE ART IN TOKYO/主催 シャネル

   公 式 Chanel Mobile Art(音on注意!)
   切 符 モバイルアート/チケットぴあ
   案 内 モバイルアートが開幕 womanexcite Garbo
EDIT  |  23:50 |  Art  .................  | Top↑
2008.06.07(Sat)

Japanese Prints 

EDIT  |  01:22 |  画 集 ................  | Top↑
2008.06.06(Fri)

ねむるまえに 

 ウタはいいね。

 国境を超えて、
 時空も超えて。

 エセ詩人や、
 エセ歌うたいも多いけど、

 いいウタに出会うとさ、
 こう、なんてゆうか、しあわせだね。

 理屈もいらないし、
 構える必要も、ない。

 ウタは …… いいね。
EDIT  |  23:20 |  さかなの睡眠 .......  | Top↑
2008.06.04(Wed)

Surrealism 

EDIT  |  21:55 |  画 集 ................  | Top↑
2008.06.03(Tue)

# KOKIA 

「ありがとう…」
Vocal KOKIA
作詞 作曲 KOKIA

  誰もが気付かぬうちに 何かを失っている
  フッと気がつけばあなたはいない 思い出だけを残して
  せわしい時の中 言葉を失った人形たちのように
  街角に溢れたノラネコのように
  声にならない叫びが聞こえてくる

  もしも もう一度あなたに会えるなら
  たった一言伝えたい ありがとう ありがとう

  * KOKIA「ありがとう…」歌詞 Uta-Net


「調和 oto」
Vocal KOKIA
作詞 作曲 KOKIA

  静けさの中1粒堕ちただけ
  広がる波紋に波うつ井戸の底

  ざわついた私の心の森を揺さぶる木枯らしよ
  共存できるものならそのままで

  誰もがこの森で静かな声を聴いて雑音に涙した

  * KOKIA 「調和 oto」歌詞 Uta-Net



 補 記)
 YouTubeで偶然みつけたと思って聴きすすめるうちに、「おんや? この特徴のあるファルセットな歌声は…… たしか、ずっと以前に、テレビ東京の特番で聞いた覚えが。それに名前にも見覚えが……」

 念のため検索してみると、やっぱり。1999年テレビ東京開局35周年記念番組「ネシアの旅人」のサウンドトラック「ネシアの旅人~海と風と人の唄」の作詞とヴォーカルがKOKIA。

 番組は、考古学上の発掘物を証(あかし)としながら、日本人のルーツである縄文人の足跡を南洋の島々を経由して南米まで追跡するといった内容で、ナレーションは役所広司さんがつとめていました。

 今年でデビュー10周年のようですので、いま思うと、オンエア当時はデビューまもない時期だったわけです。
 プラス 1
「大事なものは目蓋の裏」
EDIT  |  19:43 |  You Tube+ .........  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。