2008.07.31(Thu)

BEAUTIFUL LOSERS 

 
 「BEAUTIFUL LOSERS(ビューティフル・ルーザーズ)」 映画とイベントが連動

 先日、所用でひさしぶりに足を運んだ神宮前。青山学院大学や国連大学のあるあたり。まちなみがすっきりしていて、あのへん雰囲気いいんですよ。外国人も普通に行き来しているし、なんか、空気がのびのびしていて、せいせいする感じのエリアです。すこし歩くと表参道に入り、原宿もすぐそこ。

 ご紹介する情報は、そんな渋谷・原宿エリアで開催されるイベントと映画の案内です。

 1990年代アメリカのストリート(スケートボード・サーフィン・パンク・ヒップホップetc)からでてきたたアーティストたちの作品を一堂に集めた企画展「BEAUTIFUL LOSERS(ビューティフル・ルーザーズ)」がラフォーレミュージアム原宿で開催されます。

 90年代アメリカングラフィティのなかで世間からは“落ちこぼれ(ルーザーズ)”あつかいされていた若者たちがもたらした自由奔放なアート。かつてのベトナム戦争時の反戦運動やヒッピー文化がそうであったように、新しいムーブメントを巻き起こし、世界に発信する若いチカラとパワーを秘めているアメリカらしいニューウェーブ。今回上陸する作品も、常識や制約にとらわれない“自分らしいアート”を展開している様子が見てとれます。

 そうした若者たちの生みだすアートにいち早く注目したのが、連動して上映されるドキュメンタリー映画「BEAUTIFUL LOSERS(ビューティフル・ルーザーズ)」の監督(アーロン・ローズ)。

 イベント(アート展)は8月2日~8月16日まで。入場無料。
 ドキュメンタリー映画「ビューティフル・ルーザーズ」は8月2日より、渋谷「シネマライズ」ほかでロードショー公開。


  映画「ビューティフル・ルーザーズ」公式サイト  ラフォーレ原宿
  news 米ストリート出身気鋭アーティストたちに迫る企画展-映画と連動
スポンサーサイト
EDIT  |  22:20 |  Art  .................  | Top↑
2008.07.29(Tue)

ヴェネチア映画祭 

 
 8月27日からイタリアで開かれる第65回ヴェネチア国際映画祭のグランプリ「金獅子賞」などの対象となるコンペティション部門に、日本から「崖の上のポニョ」(宮崎駿)、「スカイ・クロラ」(押井守)、「アキレスと亀」(北野武)の3作品がノミネート。他の海外18作品と栄冠を競うことになったようです。

 またまた、話題性と評価の高さを伝える情報は、海の向こうからもたらされた感じですが……。 主要な各賞の発表は、映画祭最終日の9月6日。

 ● NEWS

  >ベネチア映画祭に「崖の上のポニョ」など3本
  >「崖の上のポニョ」がヴェネチア映画祭コンペ作に選ばれる!
    「スカイ・クロラ」「アキレスと亀」も!


 ● 作品案内&公式サイト

  映画「アキレスと亀」シネマトゥデイ
  映画「アキレスと亀 」(監督 北野武)公式サイト

  映画「崖の上のポニョ」シネマトゥデイ
  映画「崖の上のポニョ」(監督 宮崎駿)公式サイト

  映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」 シネマトゥデイ
  映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」(監督 押井守)公式サイト



 押井監督の「スカイ・クロラ 」については、原作ともども前提とされる「ショーとしての戦争」という設定に違和感を覚えるものの、さらにバーチャル化しそうな近未来の担い手となる10代~20代の若い世代の人たちにとっては、案外、リアリティをもって受け止められるのかもしれないという気もしたりします。

 いろんなことについて考える契機をもたらす映画、という意味では、ひろく世界にもアピールするだけのチカラをもった作品なのかもしれません。 ただ、物語りも含めて画(え)が終始キレイすぎると感じられるだけに、その影響力を考えると、少々こわい予感も……。

 宮崎駿監督と北野武監督の作品にかんしては、もうひたすらエールを送るばかりです。

 



 追 記)

 北野監督の「アキレスと亀」の劇中に使用される監督本人の絵をよく見てみたい気がします。同じように自作の絵をところどころインサートしたのは「HANA-BI」だったかな。たいへん静かで緻密な絵が使用されていたと思いますが、今回の映画は文字どおり絵描きの設定(ただし売れない絵描き)なので、予告篇を見ただけでもたくさんの絵がフィルムに収められていて、それらを見る楽しみというのもありそうです。なお公式サイトのリンクのページには、下記バナーを含め大中小3種類の設置用バナーがあります。

 

 ところで「アキレスと亀」の音楽担当は、昨夏、フィンランド、ポーランド、中国・雲南、と3回シリーズで放映されたNHKスペシャル|世界里山紀行の音楽を担当していた梶浦由記さんです。アニメやゲーム、テレビ・舞台ほか幅ひろい活動をしている方で、「世界里山紀行」のときもスポットを当てたそれぞれの国の気候・風景・風土にマッチしたサウンドを器用に作り分けていて、ひどく感心した記憶があります。

 梶浦由記オフィシャルサイト FictionJunction.com

EDIT  |  23:05 |  映 画 ................  | Top↑
2008.07.27(Sun)

英国映画 



映画「この自由な世界で」 監督ケン・ローチ
EDIT  |  01:00 |  映 画 ................  | Top↑
2008.07.26(Sat)

怪 談 

 中学2年の夏休みにテレビ放映された「怪奇十三夜」という怪談シリーズはこわかったなあ。なかでもヤバイ怖さだったのが、

「怪談 累ヶ淵(かさねがふち)」。

  お坊さんのような風貌(坊主刈り)の針医が、夜、武家屋敷へ借金の催促にいったおり、当主に刀で斬り殺され、雨戸のような板にくくりつけられて沼に沈められるのですが、その沼というのがじと~~~っとしたおどろおどろしい沼でねえ。

 後日。ある晩おそく、ひとりの人物がたまたまその沼をとおりかかると、ふいに、雷鳴がとどろきだすんです。 で、稲光りがピカッ、ピカッと。その瞬間瞬間、かすかに揺れている沼の水面が映しだされる。

 うっかり雷鳴に気をとられ、とおりかかった人物の足元がすべって沼をのぞきこむ態勢になったとき、水面に四角い板のようなものが浮かび上がる。するとまもなく板はゆっくりと回転し、無残な姿でくくりつけられた針医が現れる。周囲はいつのまにかどしゃぶりになり、あおじろい稲光りのなか、針医がすごい形相で目をひんむいて……。

 いやあ、あれはこわかったです。あまりに強烈すぎて、他の回の内容は番町皿屋敷をのぞいてほとんど記憶に残っていません。この「怪談 累ヶ淵」というのは三遊亭円朝の落語が元(原作)になっていて、これ以外にもいろんな逸話が展開されるお話のようです。

 あと、わりと最近、たまたまテレビでみた映画「妖怪百物語」(1968年・時代劇=写真)というのも、けっこう面白かったです。 旧大映(現在の角川映画)の作品で、監督は座頭市や眠狂四郎や大魔神も手がけた名匠・安田公義。

 内容は、怪談をひとつ語りおわるたびにろうそくを1本ずつ消していかないと妖怪がでると言い伝えられていたのに、たかをくくって最後の1本を消さなかったため、のっぺらぼうや一つ目傘、ろくろ首、油すましなどたくさんの妖怪たちが現われ、悪事を働く人間どもを懲らしめる、というもの。妖怪のつくりが他愛のないものもありますが、製作された時代を考えるとわるくない出来です。

 かつてはたくさん作られた怪談ものや妖怪もののテレビドラマや映画はめっきり少なくなり、いかにも日本的な湿気の多い作品を描ける作家のほうも、水木しげるサンや京極夏彦サンなど少数になってきました。

   DVD 「怪奇十三夜」
   妖怪百物語 角川映画
   .... 妖怪百物語 ....
EDIT  |  23:15 |  映 画 ................  | Top↑
2008.07.26(Sat)

映画「蛇にピアス」 


 
 賛否両論あった金原ひとみの芥川賞受賞作「蛇にピアス」を蜷川幸雄が映画化。7月15日には完成報告会見も開かれ、9月20日の公開を待つばかり。原作に照らしてみると、ストーリーの脈絡を十分に描ききれずやや不備があるものの、映像化するときにはそれが欠点にならないというメリットがあります。

 映画の場合、あるシーンからまったく別のシーンへ、平気で飛びますからね。脈絡がなくても違和感がない。なので(作者には少々失礼ですが)案外、原作よりも完成度のたかい作品に仕上がっているかもしれません。

 2004年の芥川賞ダブル受賞当時は、どちらかというと、夏目漱石や芥川龍之介らを出発点とする伝統的な日本文学の系譜を匂わせる綿矢りさ(「蹴りたい背中」)のほうが意欲的に作品を発表してゆきそうな印象を抱いたものでしたが、実際に切れ間なく作品を発表してきたのは、欠点と可能性(将来性)が混在していた彼女(金原ひとみ)のほうでした。……「アッシュベイビー」「AMEBIC」「オートフィクション」「ハイドラ」「星へ落ちる」など。

 ご参考までに、芥川賞発表の翌月、選考委員の選評とともに全文が掲載された文藝春秋を発売日に買って読み、その2~3日後にしたためた作品評を、下記に併載しておきます。(この原稿はHPにアップしているファイルです)


  映画『蛇にピアス』公式サイト
  news 映画「蛇にピアス」完成報告会見-蜷川幸雄監督や金原ひとみさん



パンクのかなた~「蛇にピアス」金原ひとみ~


 表題のピアス・刺青・セックス、そして暴力。これが、この小説を取り巻く品々。おもな登場人物は、私=ルイ、同棲相手=アマ、ピアス職人&彫り師=シバの3人。

 なかでも、作品の鍵を握るのが、

 左眉に三本4Gの針型のピアスを刺し、下唇にも…三本同じピアス …中略… タンクトップからは龍が飛び出し、真っ赤な髪はサイドが短く刈り込まれていて、太いモヒカンみたいな形―

 をしたアマという人物。キレると止まらないヤバさを持っている。職人のシバは、ルイが唯一「さんづけで呼ぶ」年長者で、全身がピアスと刺青のキャンバスと化している。肉体をいじるときにはイカレた顔を見せるものの、それ以外の面ではまっとうな人物といっていいかもしれない。

 問題は、この小説のメイン・テーマを、どこに、またどのように見出すか、という点ではないかと思います。描かれる世界は狭い。しかしその世界が、あたかも、この世に存在する世界のすべてであるかのように描かれる。

 上記品目に取り巻かれ日々過ぎてゆく私=ルイの中に、しみだすようなかなしみを見いだすことは可能ですが、絶望的なほど癒しがたい深いかなしみ、というほどの伝わり方はないように思います。おそらくそれは、私=ルイの「他者へそそぐ愛」というものが、十分に育まれていないせいではないだろうかと、そんなふうに感じました。

 それから、語り部でもある私=ルイは、舌のピアスのほかに、背中に「龍」と「麒麟」の刺青を、4ヵ月かけて、シバに彫ってもらうわけですが、数度でてくる刺青を彫るシーンの描写からは、sex以外の“絵”が、十分に浮ばない憾みがあります。もっとも作者の狙いは、まさに、そのsexの場面を描くことにあったのかもしれませんけれども……。

― 多分私はうつろな目をしていたんだと思う。シバさんのチンコには血管が浮き立っていた。
「濡れてんの?」
 小さく首を縦に振ると、シバさんはまた私を抱き上げ寝台に座らせた。私は無意識に足を開いていた。 …中略… シバさんは指を二本入れ、何度かピストンさせるとすぐに引き抜き、汚い物をを触ったように私の太股に濡れた指をなすりつけた。シバさんの表情を見て、また濡れていくのが分かった。
「入れて」
 そう言うとシバさんは太股でぬぐった指を私の口に押し込み、口の中をまさぐった。


 しかし、ピアスにしても刺青にしても、ヴィジュアル系の世界を扱っていることに変わりはないので、文字通り、目に浮ぶようなヴィジュアルな描写を、もうすこし狙ってほしかったという思いは残ります。

 ただ、「アマを描いたくだり」には、才能の片鱗を感じさせるものがありました。

 ルイと彼女の女友だちマキとアマの3人で飲みにいった帰り、ルイがチンピラ風の若い男2人にからまれ、ちょっかいだされたとき、突然キレたアマは、そのうちの1人を撲殺してしまう。

― アマは無言のまま、私の声が聞こえているのかいないのか、また拳を男のこめかみに叩きつける。
………………… 中 略 …………………
「アマ!」
 怒鳴ると、アマはようやく体の力を抜いた。正気に戻ったかとホッと息をついた私の目に映ったのは、男の口の中をまさぐるアマの指。 …中略… アマは私の隣りにしゃがみ込むと血まみれの右手を出し、拳を開いた。そこには一センチ程の赤い物体が二つ。すぐに、あの男の歯だと分かった。
「ルイの仇、取ってやった」


 そんな屈折した愛情表現をするアマが、その後バイトへ出かけたきり、何の連絡もないまま、プッツリと消える。やがて、横須賀で遺体となってルイの前へ現われるアマ。しかしその体はいじるだけいじられ、弄ばれたあげくに殺された、無慚な姿をさらしていた。

 犯人は誰なのか? 一瞬、撲殺した男の仲間(ヤクザの組員)の仕業と思われるものの、のちの警察の聞き込みから、バイセクシャル(=同性愛)の相手とのトラブルから殺されたような気配がただよってくる。

 作者は、(おそらく)不明なままにしておきたいと願う私=ルイの思いにそって、アマの死因をはっきりさせないまま物語りを終えるわけですが、アマが失踪して遺体で発見されるまでの「空白」の作り方は、この作品の中でも最もインパクトが強く、(それが意図的に設定されたものだとしたらなおさら)相当な力量を感じさせます。

 何一つその消息が語られないため、読み手は無意識裏に、いろんなことを思いめぐらすことになり、アマというパンクな男の人物像が、奇妙なリアリティを持って読み手の脳裏に消えては浮ぶという、高度な仕組みになっているわけです。



  今月のひと 受賞者インタビュー 金原ひとみ(「すばる文学カフェ」)

2004.2.17
EDIT  |  21:55 |  映 画 ................  | Top↑
2008.07.25(Fri)

夏・叙情 


 # ひとつふたつみっつ   流れ星が落ちる
     そのたびきみは   胸の前で手を組む

 こんなに美しいしぐさをするロマンチックな女の子なんか、実際にはいないよ、……とおもう。しかし、こうしてウタの詞に描かれると、そんなしぐさをする女の子になってみたいと感じる乙女ごころは、多少はあるとおもう。……それにしても、こんなにはっきりした絵が浮かぶ歌いだしの楽曲を作れるというのは、やはり才能というべきだろうね。

  「多情仏心」
        &
         「線香花火」

 「多情仏心」

 誰がとばしたか竹蜻蛉
 横風に追われて
 あなたとの愛みたいに
 うしろ向きに落ちた

 誰がとばしたかシャボン玉
 あき風に追われて
 あなたとの愛みたいに
 すぐはじけて消えた


 「線香花火」

 ひとつふたつみっつ 流れ星が落ちる
 そのたびきみは   胸の前で手を組む
 よっついつつむっつ 流れ星が消える
 きみの願いは    さっきからひとつ
 きみは線香花火に  息をこらして
 虫の音に消えそうな 小さな声で
 いつ帰るのと    きいた

 あれがカシオペア  こちらは白鳥座
 ぽつりぽつりと   僕が指さす
 きみはひととおり  うなづくくせに
 みつめているのは  僕の顔ばかり
 きみは線香花火の  煙にむせたと
 ことりと咳して   涙をぬぐって
 送り火のあとは   静かねって

 きみの浴衣の帯に  ホタルが一匹とまる
 露草模様を     信じたんだね

 ………………………………

EDIT  |  12:35 |  You Tube+ .........  | Top↑
2008.07.22(Tue)

トレース・エレメンツ 



  【トレース・エレメンツ ─ 日豪の写真メディアにおける精神と記憶】

 日本とオーストラリアそれぞれ5人ずつ10人のアーティストによる、白黒写真~映像作品~ビデオ・インスタレーションなど多様な写真メディアの表現を紹介する展覧会。

 「トレース・エレメンツ」は、出来事の「記録装置」から複数の記憶と時間を発明する「記憶創造装置」へと、その役割を変化させつつある現代の写真メディアの多様なあり方を提示します。   …… 紹介文より

 参加アーティスト
 古橋悌二/志賀理江子/フィリップ・ブロフィ/ジェネヴィーヴ・グリーヴス
 古屋誠一/田口和奈/ジェーン・バートン/松井智恵/アレックス・デイヴィス
 ソフィー・カーン

 ※ 会期中リレートークあり。

   会 期 7.19[土]- 10.13[月・祝]
   会 場 東京オペラシティ アートギャラリー
EDIT  |  22:30 |  Art  .................  | Top↑
2008.07.22(Tue)

暑中お見舞い 






あつい日がつづきますが、みなさんごきげんいかが ?

熱中症にならないよう、こまめに水分を補給しましょうね。
お近くにおいでのさいは、ぜひ当ブログへもお立ち寄りください。

2008年 盛夏







EDIT  |  20:50 |  画(ゑ) ................  | Top↑
2008.07.15(Tue)

里見宗次 

EDIT  |  21:37 |  Art  .................  | Top↑
2008.07.13(Sun)

鬼太郎 


 水木しげるさんと2度の手紙のやりとりを交わしてから四半世紀。ぼくのほうはその数年後、隣家から出火した火災に見舞われ、イノチからがら逃げおおせたものの、数千枚の原稿、200枚ほどの絵、アルバムなどすべてを焼失。やむなく、学生時代から住んでいたまち(水木しげるさんやつげ義春さんの住まいと同じまち)を離れ、より都心に近いエリアに引っ越しました。

 それからもいろいろな紆余曲折があり今日に至っているわけですが、水木さんのほうはあいかわらず同じまちに住んで、元気でおられるようです。テレビアニメの鬼太郎が放映されはじめたのがたしか小学5年生のころで、デビルマンやタイガーマスク、あしたのジョー、巨人の星などとほぼ同時代だったと思います。

 水木さんはその当時から現在までずっと多忙だった筈ですが、どこの馬の骨ともしれないこちらからの唐突な手紙にもちゃんと直筆で返事を書いてくださったように、裏表のない、とてもキサクな方で、漫画家としても作家としても信頼できる(少々風変わりですが)著名人のおひとりです。以前にもご紹介したことのある水木さんの自伝的エッセイ「ねぼけ人生」は超おすすめです。

 さて、そんな水木しげるさんの代表作「ゲゲゲの鬼太郎」の実写版映画の2作目が公開されました。この公開に合わせて、このあいだ1作目の映画をテレビで放映していました。キーボードをたたきながらだったので十分にストーリーを追えませんでしたが、俳優さんや芸人さんたちの扮したキャラクターがよくできているので、思わずニンマリ。ウエンツくんの鬼太郎をはじめ、猫娘の田中麗奈、砂かけ婆の室井滋、ねずみ男の大泉洋など、よくできていて感心しました。なかでも一番気に入ったのが、間寛平の子なき爺。いやあ、そっくりっす。(爆)

 2作目の今回は、ヒロイン役に北乃きい(前回は井上真央)、ぬれ女に寺島しのぶ、蛇骨婆に佐野史郎、海人に萩原聖人、夜叉にソ・ジソブ、井戸仙人に笹野高史、そしてぬらりひょんにベテランの緒方拳を迎え、オリジナルストーリーでおくる「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」。公式サイトのリンクページにおもな出演者の公式サイトが網羅されているので、そちらもお楽しみいただけます。

  映画「ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌」公式サイト
  Yahoo!映画 - ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌
  水木しげる記念館_(ノΘ__ヾ)  げげげ通信
      映画「劇場版ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂」公式サイト(12月20日公開)


 別 冊)

EDIT  |  15:45 |  映 画 ................  | Top↑
2008.07.10(Thu)

Space 

 
   キューブリックやタルコフスキーはどうして宇宙を舞台に選んだのだろう。
   まあ、物語りは、物語りのないところから立ちのぼってくるものだからね。
   いまとなっては、スタンリー・キューブリックもアーサー・C・クラークも、
   アンドレイ・タルコフスキーもスタニスワフ・レムも、みな鬼籍の人になっ
   てしまった。


2001宇宙の旅かく語りき未来知るやコンピュータハル

俯瞰のアングルから
生きることへのノスタルジアを奏でる
アンドレイ・タルコフスキーの寡黙な世界は
すべての人のこころのなかにある せつない宇宙である


    KAKEJIKU Ⅰ

 Clear night sky to the moon rising
 Brown horse in a balloon is flowing
 Around the decorated flowers, have a -
    - Ferris wheel of paper
 Teardrops are reflected beyond
 The crystalline lens of memory is soon -
    - turn into constellations
 Emissary to tell Dune's time is still not
    Sheepdog still asleep


    掛け軸Ⅰ

 澄んだ空に月が昇った

 青鹿毛の馬が 気球にのって流れていく
 花飾りのまわりには 紙の観覧車

 さかさまに映る 涙のしずく
 記憶の水晶体は たちまち星座へと変わる

 砂丘の時刻を知らせる使いは まだ こない
 牧羊犬も まだ 眠っているのだ



    Favorites ...

 W・Kandinsky, P・Klee, G・Klimt,
 Man Ray, Marcel Duchamp, Giorgio de Chirico,
 Joan Miro, Saint-Exupery, Prosper Merimee, J.M.G. Le Clezio, .....

 葛飾北斎 HOKUSAI, 歌川広重 HIROSHIGE, 東洲斎写楽 SHARAKU, .....
 宮崎 駿 Hayao Miyazaki, 安部公房 KOBO ABE, 寺山修司 SYUJI TERAYAMA, .....

EDIT  |  23:46 |  さかなの睡眠 .......  | Top↑
2008.07.09(Wed)

大学ノートから③ 

 はじめに)

 1993年~2000年までの間にテーマを設けず自由に綴った6冊の大学ノートから拾いあげたものを載せてみます。
 あるときはみずからの勉強のための覚え書きとして、あるときは日々の呟きや思いを記す日記として、またあるときは小説のネタ帳や詩の草稿として、おりおりに書き留めていったものです。掲載するにあたって、若干、表現の推敲を要するものもありますが、すべてのフレーズを比喩としてお読みいただければその点も杞憂に終わるだろうと考え、冒頭にこの断り書きを置くことにしました。



 ●おそるべき才能を持った人たちが、次々に埋もれてゆく。

 ●少年アグバよ。あなたがヨーロッパへひろめた駿馬ゴドルフィンの血が、数百年
 という歳月を経た今でも世界中で活躍しています。

 ●砂時計の砂のように、時間(とき)は容赦なくてのひらのすきまから、サラサラ
 とこぼれ落ちてゆく。
 「待ってくれ!」
 声をからして叫んでも、時間は容赦なく過ぎてゆく。
 無情だ。だから人は祈るのだろう。

 ●人はそれぞれ自分の価値観、自分の言葉・表現力を獲得し、いつでもそれを発言
 しうるように準備しておく必要がある。そのためには日頃から、できるだけ、感情
 よりも客観性を優先して、何事も考える習慣を身につけなければならないだろう。

  …… すべてはそこからはじまる。

 ●からだじゅうが疼いている。すべてのことがいかんともしがたいから、疼いてい
 るのか。 …… なにもみえない。

 ●おいらのとおくを見つめる視線のさきにあるもの。それは砂漠の国。そこから垂
 直に宇宙のかなたへ。

 ●実践でいかせなければ、頭がいいとはいえない。

 ●ああ、ゆとりがほしいなあ。おおぞらを悠然と旋回する鳥のように ……。

 ●さむい。 さむい。 さむい。 なにもかもが、さむざむとしている。

 ●涙の数だけ強くなれるほど、人は強くかしこいだろうか?

 ●世間ではあたりまえでも、おれにはあたりまえじゃないことが山ほどある。

 ●実験映画のためのシナリオ草稿

  陸上競技場のフィールド。
  マッチョな槍投げの選手が助走をつけ、ふりしぼった声とともに、青々とした空
  へ向けて槍を投げる。
  アップで映しだされる、めらめらと燃えたぎる太陽。
  投げられた槍はその太陽のなかに消えてゆく。

  黒い棺をかついでゆく葬列。
  膨らんだ妊婦のむきだしの腹。
  潮騒の音と銃声。そして鴉。

 ●きのうからきょう、きょうからあすへ。
 その一貫した時間の奔流のなかで、ヒトは毎日考える葦になる。

 ●変化速度の早い現代にあって、いまやテツガクというシロモノは故事ですナ。
 故事。事故ではありません。故事です。 …… 哲学するゆとりもない時代。
 でも戦争をするゆとりはあるのだ。

 ●虚数ライフ
  ― 平方しても負になる理論上の数…「虚数」。(虚数=i, i2=-1)
 人の生きてゆく過程は、必ずしも級数的に加算されるとはかぎらない。
 そこに想像力の存在価値もある。
 しかし、うかうかしていると、虚数のまま人生が終わってしまいそうだ。


大学ノートvol.1~vol.6(1993~2000)から。
EDIT  |  01:38 |  さかなの睡眠 .......  | Top↑
2008.07.07(Mon)

天童ナダル初制覇 

  ウィンブルドン 男子決勝
* 1set 2set 3set 4set 5set Result *
R・フェデラー *
R・ナ ダ ル

 [ 雲上人うんじょうびとだった天才2人の激闘 ]

 雲の上で試合が行われているような超ハイレベルの試合でした。ともに「ありえないプレー」の連続で、1ゲーム1ゲームが息を呑むばかり。ナダルの徹底したバック狙いの戦略。とても届かないほどきびしいボールでも、追って追って食らいついてゆくファイト。そして、それをポイントにつなげる恐るべきテクニック!

 コイントスで先攻を選んだフェデラーのサービスでスタートした第1セットの立ち上がり。互いにサービスをキープしての1-1のあと、フェデラーのサービスをブレイクしたナダル。その後4-5とリードされて相手サービスをブレイクバックできなかったフェデラー。第2セットもタフな攻防がつづく。しかし第1セットの再現のような展開で、いきなり王者フェデラーの2セットダウン。あとがないフェデラーが第3・第4セットをものにするものの、勝利の女神は“傾向と対策”をみっちりやってきたナダルに微笑み、ファイナルセット9-7でナダル念願のウィンブルドン初優勝。

 先月、全仏オープン4連覇をやってのけ、ビヨン・ボルグの記録に並んだナダル。その足でウィンブルドンもぶっこ抜き、同じ年に異なるサーフェス(クレーコートとグラスコート)を制するという、これまた1980年のボルグ以来となる難関の記録を樹立しました。

 努力にまさる天才なしの格言を踏まえるなら、天才(ナダル)がさらに努力を重ね研鑽(けんさん)を積むのだから、相手がいかに天才(フェデラー)でも最終的には結果に表われる、といったところでしょうか。フェデラーとしてはボルグを抜き、122年ぶりとなる史上2人目の6連覇をめざしたわけですが、それを逃しました。

 ちなみに、雨による約35分の試合開始の遅れと、第3セット5-4時点での約1時間15分の中断は、勝敗のゆくえにはほとんど影響しなかったと思います。

 ● ロジャー・フェデラー / スイス 26歳 ランキング1位 オフィシャルサイト
 ● ラファエル・ナダル / スペイン 22歳 ランキング2位 オフィシャルサイト


  Wimbledon ウィンブルドン2008特集|tennis 365.net
  The Championships, Wimbledon 2008 - Official Site by IBM

 [ ニュース ~小惑星ナダル誕生 ]

 ロイター(2008.07.15)の伝えたところによると、5連覇中の王者フェデラーを破ってウィンブルドン初優勝を飾ったナダルの功績をたたえ、ナダルの出身地であるスペインのマヨルカ島にある天文台が、5年前に発見された(地球から見ると)火星と木星の間にある小惑星への命名を正式に申請し、国際天文学連合(IAU)がこれを承認、小惑星「ナダル」が誕生したとのこと。

 直径4キロのこの小惑星は秒速20キロで移動しており、ナダル本人もマヨルカ島の天文台を訪れ、自分の名前がついた小惑星を確認したということです。ナダルの名は、宇宙にまで轟(とどろ)いたわけですね。星の名にしようという地元天文台の発想もすばらしい。

 ちなみにマヨルカ島は、20世紀を代表する画家のひとりでもあるジョアン・ミロ(スペイン)がアトリエを構え、終(つい)の棲家となったところでもあります。

EDIT  |  18:47 |  スポーツ .............  | Top↑
2008.07.04(Fri)

eco eco アザラシ 



 青い宝石のようなこの星が、これからも無事でありますように。 ― 七 夕

 北海道洞爺湖サミットが開催されます。

 △期 間 7月7日(月)~9日(水)
 △参加国 日本・アメリカ・フランス・ドイツ・イギリス・イタリア・カナダ・ロシア・EUヨーロッパ連合。

北海道洞爺湖サミット

ECO関連  
NHK地球エコ2008  アースウォッチャー  
(ブログパーツ有効期限 2008年12月31日)



 補 記) 北海道旅行の道すがら洞爺湖を訪れたのは1978年の8月。静けさを取り戻してはいたものの、前の年の8月に突如噴火した有珠山は間近なところでまだ活動しており、洞爺湖の背後の空に大きな黒い噴煙を立ち昇らせていました。

 最近放送されたテレビの特集番組によると、77年の有珠山噴火まえには、流れ込む廃液などの影響で酸性化しよどみきった洞爺湖は、魚一匹いない「死の湖」と呼ばれていたようです。ところが、噴火によって大量に降りそそいだアルカリ性の火山灰が一気に水質を中性化して水が息を吹きかえし、ふたたび魚の棲む美しい湖としてよみがえった、ということでした。……自然のチカラ・摂理というのは、スケールが大きくて偉大なものだね。

EDIT  |  19:45 |  話 題 ................  | Top↑
2008.07.03(Thu)

地獄少女 

 
地獄少女 オープニング
テーマ曲 「逆さまの蝶」
 vocal  SNoW
 
 午前0時にだけアクセスできる地獄通信。

 ここに晴らせぬ恨みを書きこんで送信すると、どこからともなく地獄少女が現われて、憎い相手を地獄に墜としてくれる。ただし、依頼主にも「死後、みずからの魂も地獄に墜ちる」という代償を払ってもらう。それが仕事を請け負うときの条件。

 少女の名は、…… 「閻魔(えんま)あい」。

 ストーリーもさることながら、SNoWという女の子の歌うオープニング曲(「逆さまの蝶」「NightmaRe」)がなかなかいいです。たとえば、疲れの抜けない夜ふけ、すこし微熱のあるぼーっとした状態でBGMがわりに聴いてみる、とかすると効きます。


 # 逆さまの蝶

 いつか光に向かう 逆さまの蝶
 君と髪を切る 鏡の中
 授業中の廊下 響く足跡
 絶えず雨の音がついてくるよ

 感じるままの 形は眩しい
 甘い花になる 毒の実にもなる
 今日も雨 あの日と今を
 空と空でつなぎたいの

 In this Craziness, Uncertainty
 一人一人の思いを僕らはどこかに残せるだろうか
 In this Craziness, You gave me life
 ひとつの思いを僕らはどこまで守れるだろうか

 ………………………………

  [逆さまの蝶]歌詞 -歌詞ナビ

  ※ 逆さまの蝶とは …… 雨の日、逆さまにとまってじっとしている蝶のこと。

  アニメ「地獄少女」 TOKYO MX
  アニメ「地獄少女」 地獄通信
  実写版「地獄少女」日本テレビ



 
この曲にインスパイアされる形でつくられたのが
映画「ユモレスク~逆さまの蝶~」
(監督・脚本 猪俣ユキ)


「逆さまの蝶」 ユモレスク version


EDIT  |  23:35 |  番 組 ................  | Top↑
 | BLOGTOP |