2008.01.30(Wed)

本能寺を炎上させた明智光秀のブログが炎上=歴史Web発売 

 このほど日本文芸社から発売された「歴史Web」は、「2000年前からインターネットがあったら」―という設定で、日本史の登場人物が書いたブログやWebサイトを掲載した新刊本。各サイト名がまずふるってます。たとえば、
 ●邪馬台国オフィシャルホームページ
 ●大化の改新キタ----(°∀°)---- !!!!!
 ●鎌倉幕府公式ページ「いいくに作ろう」
 ●織田信長HP「人生五十年を熱く生きるべし!」
 ●本能寺の変前日「明智光秀・十兵衛日記」
 ●秀吉のさるさる日記「殿の仇を討ったり」
 ●「リアルタイム速報 関ヶ原」
 ●江戸幕府オフィシャルサイト「葵」
 ●南町奉行・大岡越前守のやさしい法律相談所
 ●伊能忠敬のニッポンぐるり旅

 同書は弥生時代から幕末までにネットがあったとの想定で作られ、川中島の戦いや関ヶ原の合戦が「実況スレ」で盛りあがったり、本能寺を炎上させた明智光秀のブログが炎上したり、清少納言について語る「清少納言品定めスレ『清少納言ってどうよ』」ができたり――など、歴史上のできごとをWebに置き換えて構成。

 著者によると「面白く加工はしていますが、歴史的事実は守るようにしています。いずれはWebに展開していき、夢は“歴史のWikipedia”ですね」 …とのことです。


  「光秀のブログ炎上」…“あの時代にネットがあったら”が本に
   日本文芸社
スポンサーサイト

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  18:58 |  話 題 ................  | Top↑
 | BLOGTOP |