--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.02.09(Sat)

名匠ベルイマンの遺作「サラバンド」ふたたび 

 埼玉SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザで、2月~3月にかけて「北欧映画 珠玉の輝き」と題する、フィンランド・スウェーデン・デンマークの新旧の話題作・傑作が上映されます。

 3月9日に上映されるのが、昨年7月に他界したスウェーデンの名匠イングマール・ベルイマン監督の映画「サラバンド」(2003)。映画界を引退して舞台演出に専念すると宣言していたベルイマンが、大作「ファニーとアレクサンデル」以来20年ぶりに遺作と公言して挑んだデジタルシネマで、センセーションを巻き起こした「ある結婚の風景」(1974)の30年後を描いた続編でもあります。

 かつて「女たちの世界はわたしの世界だ」と語ったベルイマン。…… 今回はオリジナルのままに、SKIPシティ映像ホールのデジタル・プロジェクターにて上映される予定です。(注記=題名の「サラバンド」とは17~18世紀にヨーロッパの宮廷で普及した古典舞曲のこと)

 また、これに先立って2月23日に上映されるのは、フィンランドのカウリスマキ監督の最新作「街のあかり」(2006)。友人のいないひとりの男が落ちる恋の一部始終を、静かなタッチで描いた味わい深い作品。 さらに3月23日には、SKIPシティ映像ホールマネージャー推薦の映画「奇跡」(1955)」を上映。 無声映画時代からの長いキャリアを持つデンマークのカール・ドライヤー監督による戦後1本目の貴重な映画です。

 会 場 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ホール
 サイト SARABAND 巨匠イングマール・ベルイマン監督最新作
 参 考 レトロスペクティブ、イングマール・ベルイマン
スポンサーサイト

テーマ : 気になる映画 - ジャンル : 映画

EDIT  |  20:30 |  映 画 ................  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。