2008.03.22(Sat)

特別展 「対決-巨匠たちの日本美術」 

 岡倉天心らによって創刊された日本東洋美術研究誌『國華』の創刊120周年を記念して開催される特別展。今に名を残す作家同士の関係性に着目し、中世から近代までの巨匠たちを2人ずつ組み合わせ、「対決」させる形で紹介。

 対決していただくのは、安土桃山時代に天下人の御用を激しく争った「狩野永徳と長谷川等伯」や、RINPA(琳派)芸術をつくりあげた「俵屋宗達と尾形光琳」、世界に名をはせる浮世絵師「喜多川歌麿と東洲斎写楽」など12組で、国宝・重要文化財など約100点の名品が一堂に会します。

 【巨匠「対決」の組合せ】
 運慶×快慶 / 雪舟×雪村 / 永徳×等伯 / 光悦×長次郎 / 宗達×光琳 /
 仁清×乾山 / 円空×木喰 / 応挙×芦雪 / 若冲×蕭白 / 大雅×蕪村 /
 歌麿×写楽 / 鉄斎×大観

  会 期 2008年7月8日(火)~8月17日(日)
  会 場 東京国立博物館
  主 催 朝日新聞社 特別展「対決-巨匠たちの日本美術」
スポンサーサイト
EDIT  |  17:20 |  Art  .................  | Top↑
 | BLOGTOP |