--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.03.31(Mon)

GW公開 ボブ・ディラン伝記映画「I'm Not There」 


 すでにヴェネチア国際映画祭で「審査員特別賞」と「優秀女優賞」を受賞しているボブ・ディランの伝記映画「I'm not there」が、ようやくゴールデンウィークに日本へ上陸。6人の俳優がそれぞれ違う名前で「6人のボブ・ディラン」を演じる異色作。

 なかでも話題性が高いのが、60年代中期のディランを演じた女優ケイト・ブランシェット(ジュード役)。優秀女優賞を受賞していることからも、かなりいい線いっているようですが。……ほかに、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、クリスチャン・ベールらの俳優がディラン役で登場。シャルロット・ゲンスブール、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズほか共演。監督トッド・ヘインズ。映画は2008年4月26日公開予定です。

 注記:「I’m Not There」1967年の「Basement Tapes」の中の1曲。


I'm Not There Movie Clip
   ディラン(C・ブランシェット)が車で移動中
   バイクに乗った詩人アレン・ギンズバーグ
   と "路 上" で出会うシーン。

I'M NOT THERE - Trailer

予 告 編


   昨秋の記事…ケイト・ブランシェット、ボブ・ディランを演じる

   I'm Not There - official site so good
   I'm Not There - official site(日本語)
   I'm Not There - soundtrack/MySpace_com
  関 連   DYLAN 07(オフィシャル)Sony Music Japan



 補 記)

 劇中、車上でディランが出会う詩人アレン・ギンズバーグは、ジャック・ケルアック、ウィリアム・バロウズとともに、50年代カウンターカルチャーのトップランナー(牽引者)となった「ビート族」の教祖的存在。60年代ヒッピー文化の生みの親。1988年日本にも来日し、詩人の白石かずこさんや谷川俊太郎さんらと朗読会をひらいています。

 ギンズバーグとケルアックについては、四半世紀ほどまえ「ユリイカ」誌上で「マン・レイ特集(+デュシャン)」が組まれたさい、通りすがりに、同誌の別のページに掲載されていた2人の詩を読んで「これは覚醒剤だ!」と直感したのを、今でもよく覚えています。

  ビートニク詩人 アレン・ギンズバーグ展覧会~原宿新聞
  映画「ビートニク」紹介/出演:ジョニー・デップ ほか
  The Allen Ginsberg Project(official siteみたいなHP)
スポンサーサイト

テーマ : 気になる映画 - ジャンル : 映画

EDIT  |  20:15 |  映 画 ................  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。