2007.12.01(Sat)

織田裕二の「椿三十郎」はおもしろそうだ 

 たしかオリジナルでは、御婦人に名前を訊かれた三船敏郎が、外のツバキに視線を移して、「椿 三十郎。 ……いや、四十郎かな」 と答えるとぼけたシーンがあったと記憶しているのですが、リメイクでもやはり “おとぼけ三十郎” は健在 !?

 野性味があり、ハンサムだけれど、ずっこけキャラも衒(てら)わず披露してくれる織田裕二。 「 最初から三十郎役には、織田裕二いがい考えられなかった 」 そう語る森田芳光監督の談話も、まんざら……。

 テレビで殺陣(たて)の撮影シーンをちょこっと見せてくれましたが、ふつう、かなりスローな動きでカメラ撮りするはずなのに、ずいぶん速い立ち回りで、それもすごくウマかった。運動神経がかなりいいんだろうね。 ドラマよりドラマチックな世界陸上の顔(MC)を長年つとめてきたキャリアも、ダテじゃあない。 それに彼はミュージシャンだしね。 リズム感もいい。 映画は本日公開です。

 映 画 「 椿三十郎 」
 ODA SANJURO BLOG(織田 裕二)
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

EDIT  |  03:30 |  映 画 ................  | Top↑
 | BLOGTOP |