2008.07.07(Mon)

天童ナダル初制覇 

  ウィンブルドン 男子決勝
* 1set 2set 3set 4set 5set Result *
R・フェデラー *
R・ナ ダ ル

 [ 雲上人うんじょうびとだった天才2人の激闘 ]

 雲の上で試合が行われているような超ハイレベルの試合でした。ともに「ありえないプレー」の連続で、1ゲーム1ゲームが息を呑むばかり。ナダルの徹底したバック狙いの戦略。とても届かないほどきびしいボールでも、追って追って食らいついてゆくファイト。そして、それをポイントにつなげる恐るべきテクニック!

 コイントスで先攻を選んだフェデラーのサービスでスタートした第1セットの立ち上がり。互いにサービスをキープしての1-1のあと、フェデラーのサービスをブレイクしたナダル。その後4-5とリードされて相手サービスをブレイクバックできなかったフェデラー。第2セットもタフな攻防がつづく。しかし第1セットの再現のような展開で、いきなり王者フェデラーの2セットダウン。あとがないフェデラーが第3・第4セットをものにするものの、勝利の女神は“傾向と対策”をみっちりやってきたナダルに微笑み、ファイナルセット9-7でナダル念願のウィンブルドン初優勝。

 先月、全仏オープン4連覇をやってのけ、ビヨン・ボルグの記録に並んだナダル。その足でウィンブルドンもぶっこ抜き、同じ年に異なるサーフェス(クレーコートとグラスコート)を制するという、これまた1980年のボルグ以来となる難関の記録を樹立しました。

 努力にまさる天才なしの格言を踏まえるなら、天才(ナダル)がさらに努力を重ね研鑽(けんさん)を積むのだから、相手がいかに天才(フェデラー)でも最終的には結果に表われる、といったところでしょうか。フェデラーとしてはボルグを抜き、122年ぶりとなる史上2人目の6連覇をめざしたわけですが、それを逃しました。

 ちなみに、雨による約35分の試合開始の遅れと、第3セット5-4時点での約1時間15分の中断は、勝敗のゆくえにはほとんど影響しなかったと思います。

 ● ロジャー・フェデラー / スイス 26歳 ランキング1位 オフィシャルサイト
 ● ラファエル・ナダル / スペイン 22歳 ランキング2位 オフィシャルサイト


  Wimbledon ウィンブルドン2008特集|tennis 365.net
  The Championships, Wimbledon 2008 - Official Site by IBM

 [ ニュース ~小惑星ナダル誕生 ]

 ロイター(2008.07.15)の伝えたところによると、5連覇中の王者フェデラーを破ってウィンブルドン初優勝を飾ったナダルの功績をたたえ、ナダルの出身地であるスペインのマヨルカ島にある天文台が、5年前に発見された(地球から見ると)火星と木星の間にある小惑星への命名を正式に申請し、国際天文学連合(IAU)がこれを承認、小惑星「ナダル」が誕生したとのこと。

 直径4キロのこの小惑星は秒速20キロで移動しており、ナダル本人もマヨルカ島の天文台を訪れ、自分の名前がついた小惑星を確認したということです。ナダルの名は、宇宙にまで轟(とどろ)いたわけですね。星の名にしようという地元天文台の発想もすばらしい。

 ちなみにマヨルカ島は、20世紀を代表する画家のひとりでもあるジョアン・ミロ(スペイン)がアトリエを構え、終(つい)の棲家となったところでもあります。

スポンサーサイト
EDIT  |  18:47 |  スポーツ .............  | Top↑
 | BLOGTOP |