2008.08.09(Sat)

北京競泳 



 日本の競泳陣については誰もが知るところなので、海外有力選手の思いつくところをおおまかに挙げておくと、8冠に挑む怪物マイケル・フェルプス(♂ アメリカ)、長距離自由形の王者グラント・ハケット(♂ オーストラリア)、同じく自由形のパク・テファン(♂ 韓国)、開会式で旗手をつとめた女子個人メドレーの女王ヤナ・クロチコワ(♀ ウクライナ)、同じくカースティ・コベントリー(♀ ジンバブエ)、平泳ぎの世界記録保持者リーゼル・ジョーンズ(♀ オーストラリア)、背泳ぎのナタリー・コグリン(♀ アメリカ)など。

 活躍の目立ったアテネと比べてどういった結果になるのか、予測するのは少々むずかしいですが、現時点での皮算用を念頭に日本競泳陣のメダル表を作っておきます。

* 個数 選手 種目
 北島康介
 北島康介
 100m平泳ぎ 58秒91 世界新
 200m平泳ぎ 2分07秒64 五輪新
 松田丈志
 中村礼子
 宮下 北島 藤井 佐藤
 200mバタフライ 1分52秒97 日本新
 200m平泳ぎ 2分07秒13 日本新
 400mメドレーリレー 3分31秒18 日本新


  NHK 北京オリンピックオンライン
  北京オリンピックオフィシャルサイト
  gorin_jp 民放TV北京オリンピック公式動画


 ●男子 400mメドレーリレー 決勝
1位 ピアソル ハンセン フェルプス レザク(アメリカ)  3分29秒34 世界新
2位 ストッケル リカード ローターステイン サリバン(オーストラリア)
3位 宮下純一 北島康介 藤井拓郎 佐藤久佳(日本) 3分31秒18 日本新

 第1泳者の宮下が差のない3番手で第2泳者の北島につなぐ展開。北島が先頭のハンセンをとらえトップに立つと、第3泳者の藤井もフェルプス相手に力泳。アンカーの佐藤も3番手を守る泳ぎでゴール。1位のアメリカともそれほど差のない結果は、あらためて、日本の競泳が世界のスタンダード水準にあることを裏書きするもので、今後もたいへんたのしみです。(フェルプスはこれで史上初の8冠。うち7つが世界新)


  北京オリンピック Yahooスポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.17


 ●女子 200m背泳ぎ 決勝
1位 カースティ・コベントリー (ジンバブエ)  2分05秒24 世界新
2位 マーガレット・ホルザー(アメリカ)
3位 中村礼子(日本)

 最初の50mは中村が積極的にひっぱる展開。中盤の100mは先行グループの4番手あたりでじっと我慢。最後のターンのあと単独3番手にあがり、そのまま力強い泳ぎでゴール。優勝は、直前に日本で合宿を張り、地元の関係者から浴衣(ゆかた)をプレゼントされ大喜びしていたコベントリー。

 ●男子 100mバタフライ 決勝
1位 マイケル・フェルプス (アメリカ)  50秒58 五輪新
2位 ミロラド・カビッチ(セルビア) 50秒59
3位 アンドルー・ローターステイン(オーストラリア)

 100分の1秒差でフェルプスが優勝。これでミュンヘン大会のマーク・スピッツに並ぶ7冠を達成。日本の藤井拓郎は6着。


  北京オリンピック Yahooスポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.16


 ●男子 200m個人メドレー 決勝
1位 マイケル・フェルプス (アメリカ)  1分54秒23 世界新
2位 チェー・ラースロ(ハンガリー)
3位 ライアン・ロクテ(アメリカ)

 スタートから先頭を泳いだフェルプスが世界新のタイムで6個目の金。

 ●男子 200m背泳ぎ 決勝
1位 ライアン・ロクテ (アメリカ)  1分53秒94 世界新
2位 アーロン・ピアソル(アメリカ)
3位 アルカディ・ビャチャニン(ロシア)

 背泳ぎの第一人者ピアソル敗れる。入江陵介は後半伸びず5着。

 ●女子 200m平泳ぎ 決勝
1位 レベッカ・ソニ (アメリカ)  2分20秒22 世界新
2位 リーゼル・ジョーンズ(オーストラリア)
3位 Sara・ノルデンスタム(ノルウェー)

 100mの1位2位の順位が入れ替わり、2005年からながくトップの座にいたリーゼル・ジョーズ敗れる。そろそろ世代交代かな。……金籐理絵7着、種田 恵8着。


  北京オリンピック Yahooスポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.15


 ●男子200m平泳ぎ 決勝
1位 北島康介 (日本)  2分07秒64 五輪新
2位 ブレントン・リカード(オーストラリア)
3位 ユーグ・デュボス(フランス)

 4コース北島は、スタートから終始リードする展開。脅かすような存在が見当たらないレースだったこともあり、もうひとつ爆発力がなく、みずから作った世界新のタイムにわずかに及ばず記録の更新はならず。この点は本人も残念そうでした。しかし、アテネ・北京と100m200mともに連覇する快挙です。


  北京オリンピック Yahooスポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.14


 ●男子200mバタフライ 決勝
1位 マイケル・フェルプス (アメリカ)  1分52秒03 世界新
2位 チェー・ラースロ(ハンガリー)
3位 松田丈志(日本)

 フェルプスのとなり5コースが松田丈志。他の選手がフェルプスの速さを意識してやや飛ばす展開のなか、スキンヘッドのクールガイ松田丈志は終始自分のペースを守り、差のない4~5番手の位置で最後のターン。じょじょに加速し、残り25mあたりで単独3番手にあがり、2番手の選手に迫ったところでゴール。タイムは準決勝でマークした記録をさらに1秒以上縮める1分52秒97の日本新記録。「これが今の自分色のメダルです」-松田丈志。


  北京オリンピック Yahooスポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.13


 [スイムオフ]

 女子200m個人メドレー準決勝に臨んだ北川麻美は、決勝進出の8番目のタイムでハンガリーの選手と並んだため、スイムオフ(マッチレース)を行ない先着。決勝進出を決めました。 スキンヘッドのクールガイ松田丈志はM・フェルプスに次ぐ2番目のタイムで200mバタフライ決勝へ。また午前中に決勝が行われた女子100m背泳ぎでは、中村礼子6着、伊藤華英8着。優勝はナタリー・コグリン(アメリカ)、2着カースティ・コベントリー(ジンバブエ)。

 ●女子100m平泳ぎ 決勝
1位 リーゼル・ジョーンズ (オーストラリア)  01分05秒17 五輪新
2位 レベッカ・ソニ (アメリカ)
3位 ミルナ・ユキッチ(オーストリア)


  北京オリンピック 日刊スポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.12


 ●男子100m平泳ぎ 決勝
 1位 北島康介(日本) 58秒91 世界新
 2位 ダーレオーエン(ノルウェー)
 3位 ユーグ・デュボスク(フランス)

 スタートから落ち着いたトップ争いの位置取りで50mの折り返し。水面に浮上したところでオーエンに並び、するどく加速して頭ひとつ抜けだすと、世界新を示す緑のラインとたたかいながら、そのまま1着でゴール。完璧なレース運びで、アテネにつづき2連覇を達成。やっぱり北島つよかった

 レース直後のインタビューでは、マイクを向けられたまましばらく声をつまらせました。アテネで2冠に輝いたあと、故障もあって調子を崩し、翌年(2005)カナダのモントリオールで開催された世界水泳から、昨年(2007)のオーストラリア・メルボルンで開催された世界水泳まで、ながく苦しい、そして屈辱的な日々が続きました。

 おそらく彼の脳裏には、そんな日々のいろんな思いや映像も去来したのでしょう。 ……よくここまで復活したものだと、その驚異的な心身の強さにもためいきがでます。


  北京オリンピック 日刊スポーツ
  北京オリンピック スポーツ報知
  北京オリンピック Sponichi Annex
08.11


 ●男子400m個人メドレー 決勝
 1位 マイケル・フェルプス(アメリカ)04分03秒84 世界新
 2位 ラースロー・シェー(ハンガリー)
 3位 ライアン・ロクテ(アメリカ)

 ●男子400m自由形 決勝
 1位 パク・テファン(韓国) 03分41秒86
 2位 張  琳(中国)
 3位 ラーセン・ジェンセン(アメリカ)

 ●女子400m個人メドレー 決勝
 1位 ステファニー・ライス(オーストラリア)  04分29秒45 世界新
 2位 カースティ・コベントリー(ジンバブエ)
 3位 ケイティー・ホフ(アメリカ)

 午前中に決勝という北京開催ならではの変則プログラムながら、家族のほかに大統領夫妻も観戦するなか、みずからのレコードを1秒も更新する驚異的な世界新のタイムで優勝したマイケル・フェルプス。表彰式の国歌演奏では、最後のサビのところで突然音が切れてしまい、本人もずっこけて笑っていましたが、これもまた北京大会ならではのアクシデント……。

 400m自由形決勝はアジア勢のワンツー。優勝したパク・テファンはまだ19歳。日本にもきたことのある気鋭のスイマーです。観戦していたお母さんが、スタンドで号泣していました。

 女子400m個人メドレーで2位に入ったコベントリーはアテネ200m背泳ぎの金メダリストで、コンスタントにトップクラスで活躍を続けている実力派の選手。直前に日本で最終調整をして北京入り。そのさい地元の関係者から浴衣(ゆかた)をプレゼントされ、大喜びしていました。背泳ぎでは日本勢も要注意のひとりです。

08.10
スポンサーサイト
EDIT  |  21:45 |  スポーツ .............  | Top↑
 | BLOGTOP |