2007.12.08(Sat)

加藤泉さんの世界~原初的な水のイメージ 

 アート系のウェブサイトをほっつき歩いていたら、皮膚感覚をやわらかくシゲキする画風の、ひじょうにピンとくる作家・加藤泉さんに出会いました。アフリカ美術の影響も看取できますが、土偶にも似ているし、胎児のような、あるいは魚人のような「原初的な水のイメージ」を含んでいて、たいへんユニークです。加藤さんは6月10日から11月21日まで開催されていた第52回ヴェネツィアビエンナーレのイタリア館に招待作家として参加していました。
 ところで、上記ヴェネツィア・ビエンナーレ国際企画展オフィシャルサイトのartistsページで加藤さんの名前を探していたら、もうひとり、見覚えのある日本人クリエーターの名前を発見。以前のブログでご紹介した「ヨロヨロン」の束芋さん。 花札・浮世絵を思わせる色彩が特徴的なアニメーション&インスタレーションを手がける美術家さんです
 Tabaimo
 Born in Hyogo, Japan, 1975
 Lives and works in Tokyo and Kyoto, Japan

 せっかくなので、新たに見つけたサイトとファイルを添付してきましょうな。

  TABAIMO (Artist) in New York, from Re-title_com
  imo-la tabaimo -2007- 予告編ムービー Trailers
  file 「ヨロヨロン束芋」展 案内 & tvトップランナー出演リポート
スポンサーサイト
EDIT  |  21:31 |  Art  .................  | Top↑
 | BLOGTOP |