2007.12.08(Sat)

福井直子 「絵のある部屋」 INAXギャラリー 

 女性の持つやわらかさ、ファッションや装飾品を楽しむときのような「わくわく感」、それにファンタスティックな異空間願望を感じさせる、ギャラリー全体を使ったインスタレーション。

 配置されている壁紙、カーペット、絵画、家具、観葉植物など、すべて出展者である福井さんが描いたもの。

 …… キャンバス地に油彩やビーズ刺繍を用いて、同一トーンの淡い色彩で、陰影のないフラットな技法で描きます。 ミントグリーンの壁紙、テラコッタ色のれんが、濃緑色の観葉植物、ペールピンクの窓。 そして「絵のある部屋」の中の、絵に描かれているのは、ヨーロッパの大聖堂やモネの描く麦畑のような風景、あるいは飛行機から見た空や大地などで、一見して脈絡がなく不思議なイメージです。 見る者はその部屋に入ると、好きなもので満艦飾に飾ったドールハウスに紛れ込んでしまったような錯覚を覚えます 。 
(案内文より)

 福井さんはこの春、東京藝術大学大学院油画科を修了したばかりの若手作家。 展示にかんしては 「いつも自分の部屋の模様替えをするような感覚で臨んでいる」そうです。 あわい色使いにも、制作者の嗜好がうかがえます。

  会 期 : 2007年12月03日 ~ 2007年12月26日
  会 場 : INAXギャラリー ~建築、デザイン、アートの展覧会とイベント
スポンサーサイト
EDIT  |  21:35 |  Art  .................  | Top↑
 | BLOGTOP |