2007.12.18(Tue)

カフカも仰天の顛末は? シューマッハ「タクシードライバーに変身」捜査か 

 話があまりに傑作すぎてブログのネタにすることを忘れてしまったほどでしたが、社会のルールにおいては世紀のエピソードではすまない出来事、ということなんでしょうかね。 (ドイツの法律がどうなのか詳しいことは分かりませんが) タクシーの運転は有資格者でなければ法令違反になる、ということなんでしょうねぇ。

 事の次第をよくご存じない方々のために、話をおさらいしておきましょう。

 家族でドイツ南部に遠出した帰り、タクシーに乗り込んだシューマッハ一家。ところが意外に道が混んでいて、搭乗予定の飛行機の時間に間に合わない雰囲気。そこで、サーキットの皇帝シューマッハが丁寧な言葉で「時間が迫っているので運転を代わってもらえませんか?」と、運転手に申し出たらしい。運転手は(おそらく)それを快諾。にわかタクシードライバーと化したシューマッハは、フルスロットルでコーナーを曲がり、ありえないほど狭いスペースで次々に前のクルマをパス。それで一家は無事飛行機の出発時間に間に合った、というもの。シューマッハは運転手にお礼をいい、運賃60ユーロ(約9800円)のほかに、チップ100ユーロ(約1万6000円)を支払ったということです。

 この件で当局の関係者は、「交通法に違反している。この件を調査するため、タクシーの運転手に事情聴取を行なう」と語り、捜査の対象となってしまったと、そんなふうに報じられています。しかしまあ仮にペナルティを課されるとしても、法令で定められた範囲内での罰金程度で済むんじゃないでしょうか。

 M.シューマッハ、タクシー運転が捜査の対象に(ニュース新)
 シューマッハー、タクシー爆走 飛行機に遅れそうになり(ニュース元)
 シューマッハ運転のタクシーは世界最速(ニュース元)
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  21:21 |  話 題 ................  | Top↑
 | BLOGTOP |