--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12.19(Wed)

特別展 「幕末ニッポン ~ハリスと黄昏の大君の都~」  


 来年(2008)は日米修好通商条約が締結された安政5年(1858)から150年の節目。徳川政権下で続けられた260年余の鎖国が終焉を迎え、日本が開国へと至る道すじをつけた出来事でもありました。

 展覧会では、初代駐日総領事を務めたタウンゼンド・ハリスに関する資料のほか、幕末の世相を描いた浮世絵や、幕末の状況を写した古写真、さらに新しく発見された資料「文久日記(文久年間における桑名藩士の江戸滞在記録)」などを中心に、激動する幕末ニッポンの世相を紹介します。

 また、展覧会に関連するイベントとして、12月22日・23日・24日には映画「幕末太陽傳」を上映。 1月13日には落語会も開かれるようです。


    会 期 2007年11月23日 ~ 2008年01月14日
    会 場 たばこと塩の博物館
      
スポンサーサイト
EDIT  |  00:55 |  Art  .................  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。