--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12.29(Sat)

逸品ぞろいのボストン美術館 浮世絵名品展 

 5万点にのぼる浮世絵版画を所有するボストン美術館から、保存状態抜群のスポルディング兄弟浮世絵コレクションを含む版画132点、肉筆5点、下絵画稿類12点、版本10点 で構成される今回の浮世絵展。大多数が本国初公開。
 主催者によると、「初期浮世絵版画の誕生から幕末までの展開を、主要流派と絵師の作品により通覧できる、まさに浮世絵史の教科書ともいえる構成です」 と自信満々。

 出展作品には鳥居清信の「風流四方屏風」、喜多川歌麿の「画本虫撰(えほんむしえらみ)」、菱川師宣「美人絵つくし」、勝川春章「三十六歌仙」などの貴重な珍書・絵本も含まれるとのことなので、内容的にも最大級の浮世絵展といえそうです。

  会 期 2008年1月2日(水)~4月6日(日)
  会 場 名古屋市ボストン美術館
  参 考 file「葛飾北斎と安藤広重」(こちらにも案内を載せています)
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:06 |  Art  .................  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。