--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01.04(Fri)

映画「フローズン・タイム」 

 ヴォーグなどブランド系ファッション雑誌のフォトグラファーとして活躍していたショーン・エリスの監督作。

 ストーリーそのものは、美大に通っている青年の恋模様をとりまく群像劇といった趣きで、日本のロードムービーとさして変わりはないように思いますが、映像の見せ方がちょっと楽しそうな予感を抱きました。

 映画を作るようになったきっかけについて「写真のなかにある言葉を聴きたいと思った」と語るショーン・エリス。これは、(写真のなかに)閉じ込められた時間を解放してみたいと思った、というふうに言い換えることもできそうです。

 自分じしんが、めまぐるしく変化し、錯綜する、時間軸の流れなかに、瞬間々々の思いと、イメージを、スタイリッシュにコラージュさせた映画、― そんな印象を抱かせる作品です。 出演はショーン・ビガースタッフ、エミリア・フォックスほか。映画は1月26日より公開予定です。(原題は「CASHBACK」)


    「フローズン・タイム」オフィシャルサイト
スポンサーサイト

テーマ : 気になる映画 - ジャンル : 映画

EDIT  |  13:55 |  映 画 ................  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。