--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01.15(Tue)

次世代光ネットワークの開放をNTTに義務づけ/総務省 

 総務省はNTTに対して、3月から商用サービスを開始する光回線を使った次世代ネットワーク(NGN)を、他の通信事業者にも開放することを義務づける方針を明らかにしました。

 これは、他の通信会社や映像配信会社が、NTTの通信網を利用して参入しやすい条件を整え、料金・サービス競争を促進するのが狙いで、NTTから他事業者が通信網を借りる料金(接続料)を総務省の認可制として監視を強化し、料金の透明性を図るとともに、NTTが高めの料金設定することを防ごうとするもの。

 また、公平な競争条件を確保するため、NTTが提供する光回線を使ったIP電話を他社のIP電話に替えても電話番号が変わらない「番号継続制」(番号ポータビリティ)を導入することも求める意向。

 NGN(Next Generation Network)とは、既存の光回線網より通信の安全性などを高めた新しい大容量通信網 -ということらしんですが、要は、従来の電話回線をすべてワイドで安定した高速インターネット回線にする、ということのようです。

 これが実現すると、地上デジタル放送の番組をリアルタイムで視聴できたり、いつでも高画質のテレビ電話を使えたりと、各段に使い勝手がよくなるようなんです。したがって今回の総務省のお達しは、まもなく本格化する大容量通信時代の幕開けを見越してのもので、一般ユーザーにとっても明るいニュースではあります。

 次世代光ネットワーク:NTTに開放義務づけへ 総務省
 NGNとは /次世代ネットワーク(NGN)について /NTT東日本
 次世代ネットワーク登場でテレビの新時代の幕開けか? NGNが・・・
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

EDIT  |  00:45 |  話 題 ................  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。