2008.01.15(Tue)

今年 大魔神が降臨する らしい 

「大魔神怒る」
 ガメラと並んで旧大映の個性的な特撮映画「大魔神」シリーズ。今年、大魔神よりこわそうな風貌の三池崇史監督によって、その映画「大魔神」が42年ぶりに復活するらしいです。もう撮影は始まっているんでしょうか。話題性の高いシリーズなので、いずれ記者発表があるでしょうね。

 さて、その源流となる大魔神シリーズ。大映時代に製作されたのは全部で3作品。製作は1966年です。

 ● 「大魔神」   監督:安田公義(やすだきみよし)
 ● 「大魔神怒る」 監督:三隅研次(みすみ けんじ)
 ● 「大魔神逆襲」 監督:森 一生(もり かずお)

 それぞれ監督が異なっておりますが、いずれの監督も「座頭市」や「眠狂四郎」など当時大ヒットした時代劇を手がけた名匠で、大魔神が登場しなくても(映画時代劇として)成立しそうな作品ばかりです。

 わずか1年のあいだに作られた3本が、観客の脳裏に強烈な印象を残したのも、すぐれた特撮技術に加えて、そうしたベースとなる“話の作り”がしっかりしていたからではないかという気もします。

 余談ですが、形相するどい大魔神の目。あれじつは作り物ではなく、中に入っている人間の目をそのまま使っているんだそうです。リアルで、迫力ありますもんね。

 補記) 3作品はのちにあらためてテレビで放映されたり、おととし頃gyaoで配信されたりもしたので全部見ています。公開時にかんしては、「大魔神怒る」を映画館で観たのははっきり覚えているのですが、他の2作品については、う~ん、どうだったかなあ、……というかんじです。

  i-revo ムービーICE 大魔神怒る
  角川映画アーカイブ~大魔神ほか
  角川ヘラルド 新ラインナップを発表「大魔神」(三池崇史監督)
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

EDIT  |  21:15 |  映 画 ................  | Top↑
 | BLOGTOP |